カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 副作用は耐えるものでなく、治療するもの!現在の抗がん剤副作用の治療とは?

ガン・悪性腫瘍

副作用は耐えるものでなく、治療するもの!現在の抗がん剤副作用の治療とは?

 

がん治療というと、切除や服薬の治療が思い浮かぶと思います。その中でも抗がん剤治療と言うと、「壮絶な闘病生活」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。こうした抗がん剤治療の印象は、抗がん剤の副作用によって印象づけられているものかと思います。

 

つらい副作用は耐えるしかない?

抗がん剤ではほとんどの場合で、強い副作用が出ます。そのため患者さんは治療中、その副作用と戦っていかなければなりません。

イメージだけで言えばこうした副作用に対して、ただただ、頑張って耐えているところが想像されると思いますが、現在はこうした副作用に対する治療もされています。

 

副作用は我慢するものではなく治療するもの

抗がん剤の副作用として多く見られるものの一つが嘔吐や吐き気です。

こうした副作用は患者さん自身の精神的、肉体的な負担が大きいですが今は、効果の高い制吐剤が処方され、かなり軽減できるようになっています。

 

免疫療法で副作用を軽減する方法

免疫療法などと組み合わせて、体の免疫力を高めつつ、副作用を少なくし、抗がん剤の治療効果を高めるという方法も用いられています。

免疫療法というのは、がんの三大療法とされる、手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)に加えて、4つ目の治療として注目されている治療方法です。

免疫を上げる方法としてはいくつもありますが、健康食品や服薬といった方法に加え、自分のリンパ球を体外で培養し、その後体内に再び戻すという方法もあります。これらによって免疫細胞の機能を高め、副作用をおさえつつ、がんの治療効果を上げるのです。

 

今の医療では、患者さんの生活の質を保つことも非常に重要になっています。

そのため、がん治療においても、ただ「体のために耐えてください」というのではなく、なんとか改善してあげようという傾向があります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037021.php?category=317])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学療法に関する記事

抗がん剤の『効く』『効かない』を事前に判定!『抗がん剤感受性試験』とは?

抗がん剤はがん治療には必須でありますが、副作用が強いことが従来から問題であり...

放射線だけではがんを殺せない?放射線治療は免疫細胞に助けられているんです

  日本においてがんは死因の中で大きな部分を占めます。そのため治療方法において...


抗がん剤治療…目的は?根拠は?効果は?患者は何を考え、判断し、選択するべきか?

  がん治療の選択肢のひとつが、化学療法、つまり抗がん剤による治療です。 し...

体にダメージの少ない放射線治療!でも手術の方が多く選ばれるのはなぜ?

  がんの3大治療法は、手術、抗がん剤治療、そして放射線治療です。 しかし、...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る