カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 未承認の抗がん剤という選択…治療の可能性が開ける反面、「大きな壁」がある?

ガン・悪性腫瘍

未承認の抗がん剤という選択…治療の可能性が開ける反面、「大きな壁」がある?

 

がん治療における一つの治療として抗がん剤治療があります。この治療に使われる抗がん剤は、多くの種類が開発されており、選択肢の幅があります。

しかし、それでも有効な治療薬がない場合には未承認薬を使用する方法も考えられます。

 

未承認薬とは?

ここで言う未承認薬というのは、欧米では承認されているが、日本ではまだ承認されていない抗がん剤のことです。

こうした未承認薬は医師が個人輸入しているものもありますし、個人輸入ですから自分で輸入もできます

ただ、自分や家族が輸入すると言っても知らないことが多いので、個人輸入の代行サービスを活用するという手もあります。

 

未承認薬によってできること

これ以上日本の中では有効な治療法がないとなったら、患者さんはゆっくりと体ががんに侵されるのを待つだけになってしまいます。

しかしそこで未承認薬という選択肢を入れてあげることで、治療の選択肢が増え、可能性が開けます

 

未承認薬の大きな壁とは

未承認薬を使用する場合、当然日本では承認されていないわけですから保険適用外になります。

承認された抗がん剤での治療であっても、高額になる場合がありますが、保険適用外で全額自己負担となり、かなり負担が大きいです。

しかも注意しなければならないのは、未承認薬を使用するとなると、抗がん剤だけが保険適用を受けられないのではなく、検査費用や入院費用まで全てが自由診療扱いになってしまうという点です。

ただし、抗がん剤治療を行う病院と、入院や診察を受ける病院が異なっていれば、混合診療とはならず、抗がん剤の部分だけを自己負担にすることができます。

 

日本は抗がん剤の承認が、欧米よりも非常に遅れていると言われます。そのため未承認薬の数も多くあり、未承認薬を使うとなった場合の選択肢も数多くあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/26-025353.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学療法に関する記事

抗がん剤の毒性は正しい基準に基づいて評価される

  抗がん剤の有害事象には国際的な評価基準があり、これに基づいて客観的な評価が...

化学療法に温熱療法を併用する利点とは

  温熱療法は臨床では39~42℃で使用し、化学療法の増感を目的とします。  ...


抗がん剤の量を減らす「極少量療法」 抗がん剤を減らして本当にがんは治るの?

  抗がん剤の治療では、どの抗がん剤を使ったとしてもほとんどの場合で副作用が見...

作用機序や由来によって分類される「抗がん剤」の種類

  抗がん剤は作用機序や由来によっていくつかの種類に分類されます。    抗が...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る