カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. しわ・たるみ >
  5. 化粧水の成分を理解して、より効果的なちりめんじわ予防をしよう!

美容・ダイエット

化粧水の成分を理解して、より効果的なちりめんじわ予防をしよう!

ちりめんじわは細かいうちはそれほど目立たないものですが、これがどんどん増えてくると大きなシワとなってある日突然現われます。

これを防ぐために様々な化粧水が販売されていますが、これらにはどのような成分が含まれていて、どのようにちりめんじわ予防に効果を発揮しているのでしょうか。

 

化粧水には「しわに有効」とは表記できない?!

そもそも、市販されている化粧水には「しわに有効」という表記はないはずです。なぜなら、薬事法によってこのような記載ができないようになっているからです。そのため、化粧水の多くには保湿成分や有効成分という形で表記されています。

では、具体的にどのような成分があるのでしょうか。

 

レチノール

レチノールはビタミンAの一種ですがビタミンAの中でも代表的な物質であるため、レチノール=ビタミンAといっても差し支えはありません。

ビタミンAには聴覚・視覚・生殖といった機能の保持、成長の促進、皮膚・粘膜の正常保持などにも有効ですが、それ以外にも、コラーゲン合成を促進し、皮膚の角質層の保湿性を高め、皮膚に柔軟性を与えるという効果があるのです。

そのため、シワ予防を目的としている化粧水の多くにはレチノールが配合されているのです。

 

アルジルリン

この物質には、筋肉の収縮に関係する神経伝達物質が過剰に放出されるのを抑制する作用があります。

このように神経伝達系に作用して、筋肉の緊張を緩和し、表情ジワを防ぐという意味では、ボトックス治療に似ていることから、塗るボトックスとも呼ばれています。

 

他にもいくつか代表的な化粧水に含まれるシワ防止成分があります。それぞれ作用の仕方が異なりますので、しっかり理解して自分にあった化粧水を選びましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/08/20-367460.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

しわ・たるみに関する記事

繊維が伸びたり切れたりして肌がたるむ?老化でしわができる理由

  目尻やほうれい線、おでこなどの「しわ」は、顔が老けて見える原因ともなり、と...

間違ったスキンケア法でできてしまうしわ…自分がやっていたスキンケアは間違いだった!?

しわ対策のためにいろいろとスキンケアを行っている人がいると思いますが、間違った...


おでこのしわの原因と予防

  前髪で隠してしまうことも出来るけれど、やっぱり顔の中で一番面積の広い部...

これをやればバッチリ!ちりめんじわの予防方法

目の周りをよーく見てみると細かいシワが、なんてことは30代を過ぎるとよくあるこ...

カラダノートひろば

しわ・たるみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る