カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 近視 >
  5. 視力を回復!レーシックってどんなもの?

気になる病気・症状

視力を回復!レーシックってどんなもの?

 

「メガネやコンタクトレンズをつけなくても、目が良く見えるようになる!」近視や乱視の人々の役に立つ技術、「レーシック」。しかし、目の手術をすることに抵抗を感じる人も多いようです。


◆ レーシックとは ◆

屈折異常を矯正することで視力を回復させる技術です。
半永久的に持続されますが、近視や乱視が強い人は再手術で調整することもあります。

老眼には効果がありません。調節異常のため、屈折を矯正しても視力は回復しません。
40歳を過ぎてレーシックを受けるときは、担当の医師と十分に相談をしましょう。
老眼に対する視力矯正手術もあるそうです。


◆ レーシックの手術 ◆

「目に特殊な病気がないこと」。
その他、視力が安定しない時期にレーシックを受けても効果も安定しないため、手術はオススメできません。
以下の条件を満たしていることを確認しましょう。

・18歳以上であること。
・視力の変化がなかったこと。
・眼の疾患がないこと。
・妊娠中もしくは授乳中でないこと。
・向精神薬を服用していないこと。

手術は日帰りで行われます。
両眼同時の手術自体は20分程ですが、30~60分後に医師の診察を受けることになります。

費用はクリニックや手術の種類によって変わりますが、8~50万円ほどでさまざまです。術後のフォローがずさんなクリニックもあるので要注意です。
カウンセリング術後のケアがしっかりしているクリニックを選んでください。
また、レーシックで失明することはありません。術後に合併症が発症することがありますが、適切な対処で回復します。


レーシックについて正しい知識を得て、より快適な生活へのお役に立ててください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/10/09-351278.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

近視に関する記事

早期発見すれば視力や視野を保てる!?網膜剥離の治療方法の種類

  網膜剥離は以前、発症すると治療の方法がない病気であるとされていましたが...

あれ?最近遠くが見えないという方必見。知っておきたい近視のこと

手元は見えるのに遠くのものがぼんやりしたり、テレビ画面の文字に目を凝らしたり...


目が悪くなりすぎて失明することってあるの?失明に至る場合の原因とは?

目が悪いと生活が不便になることも多いです。視力検査では0.8以下だと近視とさ...

あなたの顔は目に紫外線が当たりやすい顔?「日本人顔」で「近視」は目の日焼けに注意!

  日差しが強いときに外で活動していると「日焼けしちゃうな」と感じられると思いま...

カラダノートひろば

近視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る