カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 病院 >
  5. 入院 >
  6. 糖尿病の入院基準ってあるの?検査入院、教育入院、治療入院の基準

生活習慣病

糖尿病の入院基準ってあるの?検査入院、教育入院、治療入院の基準

 

糖尿病での入院は検査入院、教育入院、治療入院の3つに分かれており、このうち治療を必要とするのは教育入院と治療入院です。

それぞれの入院の基準はどうなっているのかを見ていきます。

 

●検査入院は血糖値126mg/dlもしくは140mg/dl以上

検査入院の基準のひとつは糖尿病が疑われる、糖尿病の疑いが強いほどの高血糖が出た場合です。

もう少し低くてもその他の健康診断等検査結果による異常が認められれば検査入院で詳しく様子を見ることもあります。

いずれにしても検査のための入院ですので期間は短く、3泊4日が一般的です。

 

●教育入院の基準はない

教育入院は糖尿病コントロールのために必要な食事療法、運動療法について学ぶための入院です。

最近では自発的に教育入院に行く方も多く、これといった基準があるわけではないです。

医師に勧められるケースとしては、糖尿病治療に対する患者の認識不足や知識不足があると判断されたときです。

 

●治療入院は重症の糖尿病

治療入院では糖尿病改善のためもしくは糖尿病によって引き起こされた合併症改善のための治療が行われます。そこに教育入院をプラスしたような形です。

数値によって基準があるわけではなく、こちらも医師の判断による入院推奨となっています。

糖尿病コントロールが出来ていない、そのせいで体に重篤な影響を及ぼす危険性がある、急性の合併症等で病院での治療を必要とする場合に治療入院をします。

 

糖尿病の入院基準は検査入院では血糖値を主に基準としますが、教育入院や治療入院は医師の総合的な判断が入院基準で、数値だけでは表せません。

血糖値などの数値が今のところ高くなくても糖尿病治療をさぼっているような場合は教育入院もありえます。

 

(Photo by: [http://pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/24/10/47/tie-216992_640.jpg?i])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入院に関する記事

糖尿病で入院が必要となるのはどんな時? 検査入院と教育入院ってどんなもの?

通常入院が必要になるのは、 ・自宅では治療できない病状を治療する場合 ・集中的...

糖尿病の緊急入院!?風邪の嘔吐すら危険な糖尿病

  糖尿病の治療と言うと、通院で医師から受けた指導の下、生活習慣の改善やインス...


糖尿病の合併症で緊急入院したときの治療法とは? 大事なのは血糖コントロール!

  糖尿病が重症になってくると入院の必要性も出てきます。糖尿病で緊急入院したと...

血糖値が288mg以上だと糖尿病?検査入院で判断!検査入院と教育入院ってどんなもの?合併症で緊急入院したときの治療法とは?

  体調が悪いなどの理由で病院を受診した際、突然糖尿病だと診断されることがあり...

カラダノートひろば

入院の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る