カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 病院 >
  5. 入院 >
  6. 糖尿病の合併症で緊急入院したときの治療法とは? 大事なのは血糖コントロール!

生活習慣病

糖尿病の合併症で緊急入院したときの治療法とは? 大事なのは血糖コントロール!

 

糖尿病が重症になってくると入院の必要性も出てきます。糖尿病で緊急入院したときもしくは糖尿病の合併症で緊急入院したときの治療法を見てみましょう。

 

●何と言っても血糖コントロール

糖尿病の合併症も糖尿病から引き起こされているので、最も重要なことは血糖コントロールをうまく行うことです。

血糖値を下げることによって、合併症が再び起きるのを予防できますし、合併症の症状を抑えるのに役立つケースもあります。

血糖コントロールは薬物を使うほか、教育入院的な要素もあります。

 

●脳梗塞や心筋梗塞ではリハビリも必要

糖尿病の3大合併症ではないのですが、糖尿病によって血栓が出来やすくなることから起きる合併症が脳梗塞や心筋梗塞です。

酸素が行き渡らずに死滅してしまった部分は現代の医学では回復させることが出来ないので、今までの状態により近い暮らしをするにはリハビリが必要です。

脳梗塞や心筋梗塞の第一治療である手術が終了した後、血糖コントロールを行い、リハビリテーション科などでリハビリも同時に行います。

 

●3大合併症ではレーザー治療や透析など

3大合併症のうちレーザー治療を行うのが糖尿病性網膜症で、レーザー治療の他には硝子体手術という場合もあります。

そして透析を行うのが糖尿病性腎症で、透析で病気を治すのではなく腎臓の負担を軽くしている間に血糖値をコントロールするのが目的です。

糖尿病性神経障害の治療では足の細胞壊死が見られるときには足を切除し、その後リハビリを行います。

 

糖尿病の合併症で入院したときは血糖値コントロールを常に行いながら糖尿病を改善させる必要があります。

その他、起きた合併症に対して治療が行われますが、リハビリが必要な合併症も少なくはありません。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/06/08/18/08/traffic-lights-49698_640.jpg?i])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

入院に関する記事

糖尿病の緊急入院!?風邪の嘔吐すら危険な糖尿病

  糖尿病の治療と言うと、通院で医師から受けた指導の下、生活習慣の改善やインス...

血糖値が288mg以上だと糖尿病?検査入院で判断

     体調が悪いなどの理由で病院を受診した際、突然糖尿病だと診断されるこ...


糖尿病で入院することはあるの?3つの入院方法

    糖尿病になった場合、自宅での食事療法や運動療法によってその症状を改善...

糖尿病の入院基準ってあるの?検査入院、教育入院、治療入院の基準

  糖尿病での入院は検査入院、教育入院、治療入院の3つに分かれており、このうち...

カラダノートひろば

入院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る