カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 体にダメージの少ない放射線治療!でも手術の方が多く選ばれるのはなぜ?

ガン・悪性腫瘍

体にダメージの少ない放射線治療!でも手術の方が多く選ばれるのはなぜ?

 

がんの3大治療法は、手術抗がん剤治療、そして放射線治療です。

しかし、最後の放射線治療は、日本ではまだあまり馴染みがない治療法でもあります。ただ、放射線治療はこの3つの治療法の中でも、患者の生活の質を下げない治療法として期待される治療なのです。

 

手術か放射線か

3つの治療の中で、抗がん剤治療は使う場面が限定されたり、それだけによってはがんを根治出来なかったりといった面があります。

そのため補助的に使われることも多いのが抗がん剤治療ですが、他のふたつは、直接がんの病巣に働きかけて根本的な治療をするものです。となると、根治を目指す場合、手術を選ぶのか、放射線治療を選ぶのかという問題が出てきます。

日本においてこの場面では手術を選ぶケースが多いようです。

 

なぜ手術が多く選択されるのか?

手術の方が生存率や手術成績がよいというならば、手術の方が選択されるのもわかります。

しかし、条件が同じでも日本では手術が選ばれることが多いのはなぜでしょうか。

この大きな要因は日本には放射線治療の専門家が少ないということにあります。

そのため医師の間でも放射線治療の選択肢が浸透しておらず、それが患者にも伝播していると言えるかもしれません。

さらに言えば、日本のがん手術の技術は世界的に見ても高い水準です。

早期発見の多さも手伝って、「簡単な手術をすればがんは治る」という考えも根強くあります。

 

手術よりも放射線治療?

手術となれば、開腹など肉体的な負担があります。

もし回復をしなくてもがんの病巣を、その臓器の組織ごと切りとるわけですから、体へのダメージは大なり小なりあります。

一方で放射線治療の場合、病巣に放射線を照射することで手術を行いますから、臓器の切除はなく、術後の回復も早いですし、その分生活の質も維持されます。

 

あまり普及していない分どこでも受けられる治療と言うわけではありません。

ただ、選択肢のひとつとして頭に入れておくと、より深くがん治療について考えることができます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349534.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

化学療法に関する記事

放射線治療の副作用、「急性」と「晩発性」のふたつに注意!

  がん治療のひとつに放射線治療があります。これはがんの病巣に放射線を照射し、...

痛くない点滴のためにできることとは?

さまざまな医療で点滴が使用されます。持続的に体内に薬や栄養などを一定の速度で入...


抗がん剤の量を減らす「極少量療法」 抗がん剤を減らして本当にがんは治るの?

  抗がん剤の治療では、どの抗がん剤を使ったとしてもほとんどの場合で副作用が見...

放射線だけではがんを殺せない?放射線治療は免疫細胞に助けられているんです

  日本においてがんは死因の中で大きな部分を占めます。そのため治療方法において...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る