カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. その他 >
  5. 高血圧の人は気をつけて!入浴やトイレで注意が必要な理由と注意点

生活習慣病

高血圧の人は気をつけて!入浴やトイレで注意が必要な理由と注意点

 

高血圧である場合、心臓や脳の血管に疾患があることが多く、血圧が大きく変動するような場面では発作が起こりやすくなります。お風呂やトイレは気温差などにより血圧が上下しやすい場所であり、お風呂では毎年1万人以上の人が脳卒中や心筋梗塞、おぼれる等の事故により亡くなっているそうです。ここでの事故を未然に防ぎ、安全に生活するためにはどのような対策が必要なのでしょうか。まずは血圧によくない理由を知ることから始めましょう。

 


◾︎お風呂が要注意である理由とは

 

お風呂での発作は、季節では冬場が最も多くなります。暖かい部屋から寒い脱衣所で服を脱ぎ、血管が収縮することで血圧が上昇、冷たい浴室の床に立ち熱いシャワー、熱い湯船によりまた温度差にさらされる…といった変動が血圧を上下させ心臓にも負担をかけます。また、熱い湯船は交感神経も刺激し、その働きにより血圧が上がることになります。血圧が急上昇すると脳出血が起きやすくなります。

 


◾︎トイレが要注意である理由とは

 

トイレもお風呂同様冬場は冷えがちな場所であり、下半身が寒冷にさらされることから血圧が急激に上がりがちです。それだけでなく、膀胱に溜まっていた尿が排出されることで血圧が急に下がることがあり、この急激な変動により脳卒中を起こすというケースもあります。トイレでの発作もとても多いので注意が必要です。

 


◾︎発作を防ぐ対策とは

 

お風呂では、まずは温度差を少なくすることが重要です。浴室暖房を設置する、入る前に浴室のドアを開けておき部屋の暖かさを流入させる、床はお湯をまいて温めておくなどの対策が考えられます。また、入浴前の飲酒や長湯、熱すぎる湯船は避けるようにします入浴後に冷たいビールを飲み干すなどという行為も危険です。また、トイレは我慢してためすぎないよう、こまめに行くようにしましょう。

 

 

高血圧の場合は油断せず、お風呂とトイレの対策をきちんと行うようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/06/21-022785.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高血圧には血管を健康に!血管の健康に注目は「葉酸」

  血管は全身の細胞を動かすのに欠かせない、非常に重要な器官です。当たり前のよ...

高血圧を改善する降圧ツボ

  ■高血圧は日本人にとって国民病と言っても良いほど身近な脅威です。   ...


悪性高血圧~具体的にはこんな病気!

  健康診断で血圧が高いとされた、あるいは高血圧と診断されても、その後病院など...

サウナは健康にいい、けれど高血圧の人は控えて!

  温泉施設やスポーツジムなどに設置されているサウナに、好んで入る人は多いと思...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る