カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. その他 >
  5. 温度差が出やすい入浴時は発作が起きる可能性も?高血圧の人の入浴時の注意点

生活習慣病

温度差が出やすい入浴時は発作が起きる可能性も?高血圧の人の入浴時の注意点

 

血圧は1日のうちでも時間帯によって変動しており、気温によっても左右されます。気温が低くなると血管が収縮するため血圧が上がりやすくなります。このため、温度差が出やすい入浴時は発作が起きる可能性も高くなりますので注意が必要です。安全な入浴のしかたについて、見ていきましょう。

 

 

◾︎浴室を温めておく

 

冬場は特に浴室が冷えており、部屋との温度差が大きくなりがちです。浴室用の暖房をつけて温めたり、シャワーを使い湯気で満たすなどして、温度が上がるようにしておきましょう。ただし浴室用ではない暖房を浴室に置いて使うと一酸化炭素中毒や事故につながりますのでやめましょう。浴室の床が冷えていると足を踏み入れた途端血圧が上がりやすいので、お湯をかけて温めてから入るようにしましょう。

 


◾︎飲酒後に入浴しない

お酒を飲んだ後にお風呂に入ると血圧が急上昇しやすくなりますのでとても危険です。飲むのであれば入浴後にしましょう。

 


◾︎ぬるめのお湯につかる

 

湯船の温度が熱すぎるとよくありませんので、38℃から40℃くらいの温度にしておきましょう。ぬるいから肩まで浸かって温まろうとするのも、血行が良くなり過ぎて血圧が高くなり良くありません。

 


◾︎長湯しない

 

血行が良くなりすぎると血圧が上昇してしまいますので、湯船につかる時間は長くても10分程度にとどめておきましょう。

 


◾︎脱衣所も暖かく

 

お風呂から上がったあと脱衣所が寒いと急激に血管が収縮し、よくありません。暖房をつけて温めておいたり、浴室内で体を拭いたり着替えをして出るようにするとよいでしょう。

 

 

急に冷えたり熱くなったりと、温度変化の激しい浴室は発作が非常に起きやすい場所です。一時的に手先や足先が冷えただけでも血圧は変動しますので、一瞬のことだからと油断をせずに対策を取るようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/09-381815.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

被災したときに安定しない血圧…薬を飲んでも下がらない・低いまま…これってどうするべき?

普段からお薬を飲んで健康状態を維持しているという方は、震災時には苦しい立場に...

高血圧による頭痛の対処法は運動が最適なの?

  現在治療中の患者さんはおよそ700万人、また未治療の人を含めると約30...


高血圧には血管を健康に!血管の健康に注目は「葉酸」

  血管は全身の細胞を動かすのに欠かせない、非常に重要な器官です。当たり前のよ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る