カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 肝臓がん >
  4. 原因・予防 >
  5. 鉄分が原因?!肝炎、肝硬変、肝臓がんから肝臓を守る食べ物について

ガン・悪性腫瘍

鉄分が原因?!肝炎、肝硬変、肝臓がんから肝臓を守る食べ物について

 

貧血の女性には、レバーを食べるようにと栄養学の方がおっしゃっていたのを記憶してます。
最新の医療と栄養学の観点からは、肝臓が炎症を起こす理由は肝臓に必要以上に貯まった鉄分が酸化し、炎症を起こす原因になると解明されたとされています。

 

肝炎を防ぐ為に防ぎたい鉄を多く含んでいる食物と、食べ合わせやサプリメントについてご紹介させて頂きます。

 

 

昔は肝臓に良いとされてきた食物(避けるべき食品)


シジミやレバーは肝臓に良い、古くから二日酔いの朝や民間療法には、そういわれてきました。


シジミ、レバー、ウコン、魚介類、たっぷりビタミンCなど。

 

肝炎がおきやすくなる理由


アルコールで肝細胞がダメージを受ける
      1.  肝臓に大量に鉄分が貯まる。
      2.  肝臓に貯まった鉄分が酸化し炎症を起こす


アルコールを飲むと体内で分解され、アセトアルデヒトになります。このアセトアルデヒトは肝臓の細胞を破壊します。
肝炎や肝硬変で肝機能が低下していると、アルコールでさらに悪化するので、アルコールは止めてください。
肝臓に貯まった鉄分が酸化し、肝炎を起こし肝硬変に、そこから肝臓がんになると言われています。

 

食べあわせと化学変化


健康に良かれとサプリメントや健康補助食品を摂取するが、それらには鉄分を強く配合してあることが多いようです。
「赤身の肉(魚・動物)+アルコール+ビタミンC」この組み合わせで鉄分が体内に取り込みやすくなります。これらを継続すると鉄分の過剰摂取となり、肝臓に鉄が貯まり、肝臓自体の酸化を引き寄せます。

鉄分を少なくする食事のポイント


紅茶、お茶、コーヒーに含まれるタンニンには、鉄の吸収を抑制する効果が有ります。
鉄分が吸収されるのを防ぐ成分は、カルシウム・タンニン・ポリフェノール。フィチン酸があります。

 

 

ひとこと
筆者は、鉄釘が錆びる様子をイメージし理解できました。
色素沈着は回りの細胞に、ヘモグロビンが入り込むのが原因だと習った記憶があります。

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/04/13-388109.php?category=169])

著者: jeanさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因・予防に関する記事

メタボの人は要注意!肝臓がんのリスクを高める病気「非アルコール性脂肪肝炎」

  日本の肝臓がんの原因として最も多いのが「肝炎ウイルス」によるものです。...

肝臓がんかも・・・食品添加物が少ない肝臓に優しい食事をしましょう!

  肝臓は体を守るために常に働いている心臓と同等に、とても忙しい臓器です。...


アルコールは肝臓がんの原因ではない?B.C型肝炎とアルコールの肝臓がんリスク

  アルコールを多飲すると肝臓がんになる、肝臓がんはアルコールが原因である...

肝臓がんの基本を理解しよう!肝臓がんの特徴

がんというのは、悪性腫瘍ともいいますが、一般論としては遺伝子異常の蓄積によって...

カラダノートひろば

原因・予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る