カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 放射線療法 >
  6. 放射線治療では体の免疫力が落ちる?免疫力を落とさない治療方法とは?

ガン・悪性腫瘍

放射線治療では体の免疫力が落ちる?免疫力を落とさない治療方法とは?

 

放射線はX線検査など、わたしたちの身近なところに応用されています。この放射線を使ったがんの治療が放射線療法です。先のX線などの放射線をがん細胞に照射すると、がん細胞は分裂ができなくなり、増殖しなくなります。

 

放射線治療の問題点

放射線はがん細胞だけを選んで攻撃してくれるわけではありません。とくに細胞分裂の多い細胞に影響を与えやすいですので、そうった特徴を持つ正常細胞にも攻撃してしまいます。

もちろん治療においては出来るだけ正常細胞に影響を与えないで、最大限の効果を発揮する方法が検討されますが、まったく正常細胞を攻撃しないというのは、現段階では難しいようです。

 

白血球は放射線の影響を受けやすい

放射線治療を受けると免疫力が落ちると言います。

これは免疫作用を担っている白血球が、放射線によって壊されてしまうことによって言われます。

白血球は放射線に弱く、確かに放射線照射によって一時的にその数を減らしてしまいます

 

しかし方法はある!

白血球は体のどこでつくられるかというと骨髄でつくられます。特に成人の場合は背骨や骨髄の骨で主に作られています。

つまり、これらの部分に放射線を照射しないようにすることで、白血球の製造場所はダメージを受けることがなく、免疫力低下を防ぐことができるのです。

 

免疫療法と併せることで効果を得る

放射線治療はがん細胞を劣勢にして、その後は白血球などの免疫細胞に劣勢になったがん細胞を退治してもらうことが必要です。そのため、放射線療法をしながら、免疫力を高める免疫療法を行う治療も効果があるとされています。

免疫力を上げる方法としては、食品の摂取もそうですが、服薬によっても行えるようになっています。

 

基本的に放射線療法も他のがん治療も、合わせて行うことでお互いの欠点を補い、相乗効果を得られるようになってきています。

そのため、それぞれの治療についてよく知っておくことも重要なのです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/12-016785.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

放射線療法に関する記事

放射線の副作用「急性」と「晩発性」には、各場所ごとにこんな副作用がおこる!

  がんの治療はいずれの場合も多少の苦痛が伴います。抗がん剤治療ではつらい副作...

知っているようで知らない?がんの放射線治療の副作用ってどんなもの?

           放射線治療は、がん細胞に対して有効なダメージを与え、がん...


馴染みのない「放射線治療」、どんな風な治療?正常細胞は大丈夫なの?

  がん治療の方法のひとつに、放射線治療があります。日本ではあまり浸透しておら...

悪性腫瘍治療に有効な放射線治療 効くものと効かないものの違いとは

           悪性腫瘍(がん)の場合は、腫瘍そのものを取り除く外科的...

カラダノートひろば

放射線療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る