カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 代替療法 >
  6. 病院治療以外の選択肢として知っておきたい!がん治療を補う「代替医療」

ガン・悪性腫瘍

病院治療以外の選択肢として知っておきたい!がん治療を補う「代替医療」

 

がんという病気は、ほとんどの人が知っている非常に有名な病気です。そのためがん治療の研究も非常に盛んです。がんの治療は大きく分けて3つあり、手術、放射線、抗がん剤です。

しかし、がんの治療の選択肢がこれしかないかというと、そういうわけでもありません。

 

代替療法ってなんだ?

上記の3つ以外のがんの治療法を代替療法といいます。

3大治療以外の治療と言ってしまっているので、想像できるかと思いますが、がんに効果のあるものであれば何でも代替療法になるとも言えます。

この代替療法は欧米では補完という言葉で表されることもあります。

本来のがん治療を補って、治療成果を得るというニュアンスがあるようです。

 

急増してきた代替療法!

代替療法は、がんの正確な認識が増え、生活の質の向上を願う患者さんが増えると共に急増してきたとも言われています。

特にアメリカでは、最先端医療を研究する施設の中に代替療法を科学的に研究する部門があり、代替両方そのものも、診療や教育研究も盛んに行われています。

代替医療によって西洋医療がカバーできない部分を補う、「総合的な医療」という側面から大いに成果もあげているようです。

 

日本では代替医療の意識が低い

日本の医師免許取得のための国家試験では、こうした代替療法の出題はもちろんありません。もちろん学校で教えられるものでもありません。

つまり、医師本人が積極的に勉強していなければ、代替医療の選択肢は出てきにくいのです。

さらに保険制度においても意識の低さが分かります。

日本の保険制度は西洋医学が中心になっていますので、西洋医学以外が中心になる代替療法では、ほとんどが保険適用されないという現状があります。

 

欧米に比べて日本は代替医療に一歩遅れている部分があります。それでも効果の実証されている代替療法はいくつもありますので、積極的に考えてみるのがよいでしょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349557.php?category=393])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

代替療法に関する記事

漢方でがんが良くなる!?漢方による癌の代替療法について

がんの代替療法は、西洋医学的な視点での研究結果が得られていないものもあります。そ...

科学的根拠はあるの?がんの代替療法を選ぶときの注意点とは

がんの治療に代替療法を選ぶという方もいます。代替療法は、現時点では、西洋医学によ...


高い抗炎症・抗がん効果を持つ「ボスウェリアセラータ」、正常細胞のDNAへの悪影響はある?

ボスウェリアセラータ(別名:フランキンセンス)」というインド原生の植物から抽出さ...

アガリクス以上の抗癌作用?低分子グルカン含有の『AHCC』

  抗がん剤の補完代替療法として期待される、菌糸体抽出物『AHCC』とは?...

カラダノートひろば

代替療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る