カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 代替療法 >
  6. 健康茶でもあるタヒボ茶はがんに大きな効果!?いいことばかりのタヒボ茶って何?

ガン・悪性腫瘍

健康茶でもあるタヒボ茶はがんに大きな効果!?いいことばかりのタヒボ茶って何?

通常行われるがんの治療は、手術、放射線、抗がん剤の3つです。しかしがんは正常細胞から生じているという特性上、免疫細胞の強化などによっても、がんの治療効果があるとされています。

 

先述の3つ以外のがんの治療法を代替治療と言い、標準的な治療を補完する意味で選択されることがあります。

 

がん治療効果のあるタヒボ茶ってなに?

お茶でがんが治るというのは容易には信じられないかもしれませんが、摂取するものの成分によっては、がんを治す効果を発揮することがあります。

 

タヒボというのはアマゾン川流域の特定地域に生息する大木で、紫の花を咲かせることから紫イペとも言われます。タヒボ茶はその木の外皮と木質部分の間の数ミリの樹皮を原料にしたお茶です。

 

タヒボ茶の効果

タヒボ茶は実に多くの成分が含まれています。それはまだ解明されていない成分もあるといわれているほどです。

 

特にこの成分の中でガンへ有効に働くとして考えられているのが、色素成分の一種であるNFDです。このNFDはがんを選択的に死滅させることができる上、正常細胞への影響も副作用もないとされている成分です。

 

なぜNFDががん細胞を死滅させるのか

NFDは、がん細胞のミトコンドリアで発現したたんぱく質に反応します。そして活性酸素を発生させ、活性酸素を処理する機能を持たないがん細胞が機能停止してしまうのです。

 

また、免疫作用において大きな働きをするNK細胞の活性や増強についても、エキスの投与によって上昇することが確認されています。

 

タヒボ茶は元々は鎮痛剤として用いられていたもので、他にも糖尿病の改善や抗炎症作用、抗酸化作用、赤血球の増加作用などがあることも報告されています。

 

がん治療の目的を除いて考えても、栄養豊富で健康茶としての効能だけでも十分に納得できるものです。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

代替療法に関する記事

アガリクス以上の抗癌作用?低分子グルカン含有の『AHCC』

  抗がん剤の補完代替療法として期待される、菌糸体抽出物『AHCC』とは?...

代替療法をする前に医師に相談を!

厚生労働省の研究によると、研究対象施設のがん患者さんの半数以上が代替療法を受け...


高い抗炎症・抗がん効果を持つ「ボスウェリアセラータ」、正常細胞のDNAへの悪影響はある?

ボスウェリアセラータ(別名:フランキンセンス)」というインド原生の植物から抽出さ...

科学的根拠はあるの?がんの代替療法を選ぶときの注意点とは

がんの治療に代替療法を選ぶという方もいます。代替療法は、現時点では、西洋医学によ...

カラダノートひろば

代替療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る