カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. その他 >
  6. がんや治療による「痛み」は耐えなくていい!?痛みを緩和する方法はこんなにあるんです

ガン・悪性腫瘍

がんや治療による「痛み」は耐えなくていい!?痛みを緩和する方法はこんなにあるんです

 

がん治療の目的は、がんを治すことであったり、がんによって生じている問題を解決することです。

昔は、がんを治すという大きな目的の下、患者さんが治療に付随する痛みなどを我慢する流れがありました。しかし、近年は治療に伴って見られる痛みなども緩和しようという傾向があります。

 

がんを発症している人は、腫瘍そのもの、手術、抗がん剤治療、放射線療法から痛みを感じることがあります。進行がんの場合はより痛みが大きくなりますし、がん治療が終了した後でも多くの方は慢性的な疼痛を感じます。

こうした痛みは全ての場合で必ずなくなるというわけではありませんが、大部分で治療によって痛みを和らげることができます。

 

投薬による痛みの緩和

感じている痛みの程度によって、段階的に処方される薬の強さは変わります。同時に副作用の管理や多臓器への影響へも配慮しなければなりません。

また、痛みの中でもがん腫瘍から生じる痛みには、薬が強くなる場合がほとんどです。

 

理学療法による痛みの緩和

温熱冷却運動による筋力強化や関節の柔軟化、体位変換運動制限電気刺激などによって痛みを緩和することができます。

 

放射線療法による痛みの緩和

がんが骨に転移している場合、原発がんの治療というよりも痛みの緩和に放射線療法が用いられます。これによって鎮痛薬などの効果を向上させることができます。

 

他の痛みの緩和

他にも手軽に行えるものとして、マッサージ療法鍼療法音楽療法などによっても痛みの緩和を目的として行われますし、リラクゼーション催眠思考転換、などといった精神面でのサポートが選択されることもあります。

 

痛み緩和の選択肢はたくさんあります。これはがん治療という目的だけでなく、患者さんの負担を軽くしようという傾向が強くなっていることをあらわしているとも言えそうです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/01-364376.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

がんの治療方法は3種類「手術療法、放射線療法、薬物療法」

がんの治療方法は局所療法と全身療法に大別されます。   ・手術療法   ...

骨髄抑制のリスク軽減

  骨髄抑制は抗がん剤によって生じる重大な有害作用ですが、リスクは軽減する...


がんによって生じる、中~重度の痛みの緩和に…「オピオイド薬」という選択肢

  がんの治療をしていると、がん自体による痛みや、治療の後の痛みなど、大なり小...

活性酸素の消去は、がん治療において進行させる要因となる?抗酸化物質の影響とは

従来、活性酸素は細胞傷害性を持つことから、がんの発生と進行に関係しており、これ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る