カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. その他 >
  6. がんによって生じる、中~重度の痛みの緩和に…「オピオイド薬」という選択肢

ガン・悪性腫瘍

がんによって生じる、中~重度の痛みの緩和に…「オピオイド薬」という選択肢

 

がんの治療をしていると、がん自体による痛みや、治療の後の痛みなど、大なり小なり痛みが伴うことがあります。こうした痛みはがんを治療するという目的の下、患者の忍耐に預けられて、治療を置き去りにされてきました。

しかし近年はこうした痛みを緩和することもがん治療のひとつと位置づけられています。

 

がんに伴って起こる痛みを緩和するのに、手っ取り早い方法が服薬です。鎮痛剤を服用すれば生じている痛みを、すぐに、簡単に解消することができます。

もちろん副作用などの影響を考えなければいけませんが、できるだけ副作用のない、効きの良い薬を選んでくれます。

 

中~重度の痛みに「オピオイド薬」

オピオイド薬というのは中程度から重度の痛みを緩和するのに、とてもよく効く薬です。

しかし、がん自体によって痛みが生じている患者さんの多くは、長期間治療を受けていたことによってオピオイド薬に対する耐性ができているケースが多く、用量の増加が検討されます。

 

オピオイド薬ってなに?

オピオイド薬というと聞き馴染みはありませんが、モルヒネというと聞いたことがあるかもしれません。

オピオイド薬にはいくつか種類があり、モルヒネをはじめとしてヒドロモルフォン、オキシコドン、オキシモルフォン、メサドンなどがあります。中でもがん自体による痛みの管理で最もよく使用されるのはモルヒネです。

 

オピオイド薬の副作用

副作用として最もよく見られるのが吐き気、眠気、便秘です。吐き気と眠気については、通常服薬開始時に起こりますが2~3日の内に改善する傾向があります。便秘に関しては水分を十分に摂取するなどの対処で管理ができます。

 

痛みの緩和と副作用のバランスをとりながら、処方が決定されます。そのためには、服薬前も服薬後も、体の状態をよく観察し、医師に伝える必要があります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2007/06/30-002846.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)に対する温熱療法の効果とは?

  温熱療法はNK(ナチュラルキラー)細胞に対しても効果があるとされていま...

プラチナ製剤の効果増強・副作用の軽減が期待できる「抗がん薬内包高分子ミセル」とは?

近年、抗がん剤の強化増強や副作用軽減化のために盛んに研究が進められているもの...


生活に支障のでる「嘔吐や吐き気」…抗がん剤・進行がん・放射線それぞれの場合の対処法

  がん治療の深刻な副作用として挙がるのが、吐き気や嘔吐です。吐き気や嘔吐の症...

ブドウ糖を断てば、がん細胞は死滅する?『ケトン食』療法の実際

『ケトン食』療法で、がん細胞を死滅させる 理想的ながん治療といえば、『がん細胞...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る