カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. メンタル >
  6. 大きくならない前に対処したいがん治療で伴う「不安」…誰に相談する?どんなサポートがある?

ガン・悪性腫瘍

大きくならない前に対処したいがん治療で伴う「不安」…誰に相談する?どんなサポートがある?

 

がん治療は例え初期のがんと言われても、再発や転移といった可能性がついてまわります。さらには手術による痛みや苦しみ、身体症状など、不安に思う部分がたくさんあります。

 

不安感はがんに悪影響

不安の程度は様々で、人に話して簡単に発散できるものもあるでしょうし、小さい恐怖で済んでしまう場合もあります。しかし全てが気持ちの問題として簡単に片付くわけではなく、不安がうつ病やパニック障害など重大な問題に発展することもあります。

特に精神疾患のような症状が見られるくらい大きな問題になると、それががん治療の効果に影響をする可能性もあります。

 

適切な専門家に相談する

精神的に不安定になっているというのは、がんやその治療について自分の中でうまく対処できず、飲み込めていないということです。

そのためそれを上手に自分の中で消化できるように、専門家に相談するのもひとつの解決方法です。

相談する専門家には、医師、心理士、精神科医、ソーシャルワーカー、緩和ケアの専門家などがいます。

がんや治療についてより詳しく知りたいのなら、医師にとことん説明してもらうべきですし、漠然とした不安などがあるのなら、心の専門家を頼るのがよいでしょう。

 

不安な患者さんにこんなサポートもある

不安へ対処するには、不安への対処の仕方を患者さん自体がコントロールできるようになる必要もあります。

それができるようになるためには、以下のようなサポートがあります。

・カウンセリング

・トークセラピー

・がんの勉強会

こうした中で不安をコントロールして体や精神をリラックスさせる方法を学びます。こうしたサポートを経験している患者さんは、不安の程度が低くなることはもちろんのこと、がんに関する情緒的な症状が軽いなどの成果があるようです。

 

不安は精神疾患の入り口です。ですから小さい不安のうちに解消することが望まれます。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374398.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

メンタルに関する記事

がんの告知による患者さんの心の変化

  自分の病名を知らされた患者さんの心理は基本的に衝撃段階、不安定段階、適...

不安、落ち込み、せん妄…がんのストレスから起こる精神状態

がんの告知を受けるということは大きなストレスになります。患者にとっても家族にとっ...


インフォームド・コンセントの注意点

  インフォームド・コンセントが行われる上で患者さんや医療者側で注意しなけ...

精神腫瘍医のいる精神腫瘍科もある?がんの治療とカウンセリング

がんで不安を抱えているのであれば、心の専門家に治療を受ける必要があるかもしれませ...

カラダノートひろば

メンタルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る