カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 癌性疼痛とはなに?‐癌性疼痛の種類と痛みを軽減できる因子について‐

ガン・悪性腫瘍

癌性疼痛とはなに?‐癌性疼痛の種類と痛みを軽減できる因子について‐

 

 

がん性疼痛とは、がん細胞が広がり臓器がダメージを受けている場合や、がん細胞が臓器を圧迫する為に感じる苦痛を指します。
癌性疼痛の種類を少し、ご紹介させて頂きます。

 

 

癌性疼痛はコントロールできる

 

がんに羅病した人は、大半(70%)の方々は何らかの痛みを感じた経験があると言われています。その癌性疼痛 は8割がた痛み止めを使うことに拠ってコントロールできます。

 

癌性疼痛の種類  


 神経因性疼痛 腫瘍細胞が神経へ直接浸潤することで生じる
•  骨転移痛  炎症性疼痛と神経障害性疼痛
•  消化管閉塞 消化管が腫瘍により内側から圧迫されるか、外側から消化管が圧迫されるか
•  腹部膨満 腹水が有り腹膜が常に引っ張られて感じる鈍い痛み
•  炎症

癌性疼痛には4つの因子がある


身体的疼痛・精神的疼痛・社会的疼痛・スピリチュアル疼痛

 

•  痛みを増大させる要因
身体的な痛みを止める鎮痛剤を使うのはもちろんですが、精神的な不安と恐怖を構築する不眠・疲労・怒り・不快・悲しみ・こう鬱・孤独感・社会的地位の剥奪・などの感情が痛みを増幅させることがあるようです。

 

•  痛みを軽減させる要因
鎮痛剤・睡眠・他の人との係わり合い・クリエイティブな思考と行動・緊張の緩和・不安の緩和・知識と理解・などが伴うと痛みは軽減できるようです。

がんの痛みとは


がんの痛みは、健康人が経験しない痛みである事は確かです。
•  がんの進行で感じる癌性疼痛
•  がんの治療でおきる癌性疼痛
•  がんに伴う他の部分の癌性疼痛

癌性疼痛の緩和には


がんの進行と原因によって、鎮痛剤と使う種類の薬が違います。非ステロイド系抗炎症薬やオピオイド系鎮痛薬を組み合わせて使います。
オピオイド系鎮痛薬の副作用や抵抗が有る場合は、神経ブロックを考えることが出来ると言います。

ひとこと
がんの痛みは、モルヒネを投与しても依存が起きないそうです。ご安心ください。

(photo by ///www.ashinari.com/2010/10/31-341636.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

癌生疼痛には治療が原因のものも!がん治療による口腔内トラブル

  癌生疼痛には、がん細胞に傷つけられることによる痛み、副作用による痛み、...

8割は痛みのコントロールが可能?!癌性疼痛の種類と痛みの原因

  がん患者の殆どが痛みを経験したと言います。癌性疼痛の8割はコントロール...


癌性疼痛の症状がでたらどうしよう?!‐自分で出来ること‐

  「がん」と言う一言で、何もかも思考停止状態になり、「がん」に関わる全て...

痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

末期がんの治療で重要なのが、痛み(疼痛)のコントロールです。末期がんの疼痛コ...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る