カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 8割は痛みのコントロールが可能?!癌性疼痛の種類と痛みの原因

ガン・悪性腫瘍

8割は痛みのコントロールが可能?!癌性疼痛の種類と痛みの原因

 

がん患者の殆どが痛みを経験したと言います。
癌性疼痛の8割はコントロールが可能で、痛みは我慢する必要はないようです。癌性疼痛管理はがん治療の一部であることを忘れないようにしましょう。
沢山のコンビネーションの癌性疼痛に効果的な様々な鎮痛剤や消炎剤があります。
主治医に良く話し良く理解し、積極的に癌性疼痛のコントロールを図りましょう。


癌性疼痛が出るとき


癌性疼痛はどの病気にも症状として現れますが、がんのステージが末期に行くほど主な症状として痛みを訴えます。
持続的な疼痛が殆どで、ほぼ半数はかなり強い慢性的な痛み、約3割は耐え難い痛みで、がん患者の8割は囲炉裏路な種類の痛みを継続的に感じています。

痛みの原因


癌性疼痛の原因はもちろんがんですが、がん細胞がどこで大きくなり侵攻しているのかにより、痛みの種類が違ってきます。


•  侵害受容性疼痛
骨や肝臓の上でがん細胞が増加している時の痛み

<体性痛>

腹膜・胸膜・皮膚・筋肉・骨など痛む場所が明確で持続的に感じる痛み
・身体を動かすと強い痛みが生じる
    

<内臓痛>
・内臓の強い圧迫やがんが増幅して押される痛み
痛む場所が良く判らない鈍痛
・引き伸ばされるような、押しつけられる圧迫と収縮の痛み

•  神経障害性疼痛または神経因性疼痛
・がん細胞が神経を圧迫したり、神経に直接触れている痛みを指します。
・神経に直接障害される痛み
・焼けつくような痛み、ピリピリと電気ショックのような痛み

治療と手術で起こる痛み(放射線治療の副作用など)
• がんのステージが上がり全身の衰弱から起きる他の病(帯状疱疹や床ずれなど)

‐概要‐
癌性疼痛にはいくつかの種類があり、がんの進行により痛む感覚と使用する鎮痛薬が違います。
痛みは我慢せず、がん治療の一環だと考えて、積極的に痛みを止めましょう。


(photo by / //www.ashinari.com/2013/10/09-383144.php?category=246)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

がんの痛みは全身に広がる

がんは腫瘍のことですが、具体的にどんな症状が出るのか想像がつかないという方もい...

「鼻副鼻腔がん」?腫れ、痛みや眼球突出・・・鼻のがんが生じやすい場所と起きやすい症状

鼻のがんは「鼻副鼻腔がん」といい、鼻と4種類の副鼻腔のいずれかにがんができる...


記録ノートをつける事も大切!癌性疼痛の痛み管理と痛みコントロール

  がん性疼痛の痛みは通常の痛みとは差が有るもので、我慢をする必要の無い痛...

癌生疼痛には治療が原因のものも!がん治療による口腔内トラブル

  癌生疼痛には、がん細胞に傷つけられることによる痛み、副作用による痛み、...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る