カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 癌性疼痛の原因ってなんだろう ‐がん特有の痛みと治療法とは‐

ガン・悪性腫瘍

癌性疼痛の原因ってなんだろう ‐がん特有の痛みと治療法とは‐


がんの発病に伴って、ステージが軽い段階から少しずつ、ステージが高くなっていくに従いがん特有の癌性疼痛を訴える人が多くなってきます。
ステージが高い人の約半数が慢性的な痛みを感じ、残りの3割がたの患者さんは耐え難い痛みを感じていると訴えます。

 

 

癌性疼痛の特徴とは


•   がん自体が原因
•   がんに伴い併発する関連したもの
•   がん治療が原因
•   衰弱による痛み

 

痛みの原因


明確な原因は、「がん」です。
がん細胞が増殖し、増殖したがん病巣が臓器を圧迫し、臓器の周りをがん細胞が増殖することにより触れる痛みや、神経に直接触れる痛みがあります。
痛みの原因は腹水が溜まり、お腹の中の圧力が高くなり心臓や肺が押されて呼吸が苦しくなったりする、二次的な因果関係のものも癌性疼痛と呼びます。

がんの痛み止めは治療である


癌性疼痛は我慢する必要がありません。また癌性疼痛が有る場合、痛みを止めることが積極的な治療となります。
癌性疼痛が有ると言う事は、手術できない状態にあることを示します。

 

患者の心理的コンデションで癌性疼痛は変わる


患者さんが良く眠れ、サポートがあり、心理的に落ち着いて、がんに対して知識と理解が有る場合は癌性疼痛が軽減します。
反対に自分の状態に対して悲観的で逃避願望がある場合、死に対する恐怖や不安、痛みに対する無能感から癌性疼痛が増幅されて感じられるようです。

 

がんが進むと癌性疼痛は強くなる


確かにがんが進行すると、あらゆる所にがん細胞が入り込み神経に障り、または神経を圧迫し切断しょうとします。
明確に痛みの程度を的確に主治医に告げることに拠って、痛みを止める治療に積極的に参加することが出来ます。

ひとこと
痛みを止める事は、積極的な治療と言えるでしょう。

(photo by/  //www.ashinari.com/2013/10/17-383334.php?category=171)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

痛みに関する記事

疼痛コントロール!癌性疼痛における麻薬の使用その2

  先ほどの項で、痛みに応じて、鎮痛剤を使い分ける話を書きました。では、実...

がんの痛みは全身に広がる

がんは腫瘍のことですが、具体的にどんな症状が出るのか想像がつかないという方もい...


癌性疼痛ってがんによる痛みのことじゃないの? 痛みの種類 

    がんによる痛みとはとは、大きく分類して   がんによる痛み...

癌生疼痛には治療が原因のものも!がん治療による口腔内トラブル

  癌生疼痛には、がん細胞に傷つけられることによる痛み、副作用による痛み、...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る