カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. セカンドオピニオン >
  4. 癌性疼痛とは?原因ってなに?~がんの身体的な痛みと心理的な痛み~

ガン・悪性腫瘍

癌性疼痛とは?原因ってなに?~がんの身体的な痛みと心理的な痛み~

 

癌性疼痛とは何でしょうか。がんと言う言葉と聞きなれない専門用語でウッとためらってしまわれるかも知れません。
癌性疼痛とはなにか、またその原因とは何かをご紹介いたします。

 


癌性疼痛とは


がん性疼痛とは、もちろん身体的な痛みを指しますが、がんに伴う全ての痛みの事をさします。
心配で胸が痛い、明日の事を考えると息が出来ないほど苦しい、さびしい一人ぼっちな感じがして辛い、この痛みが続くのかと思うと怖い、と言うような心理的な痛みも含みます。

•   治療の痛み
•   検査の痛み
•   心理的な痛み
•   社会から切り離されるような痛み
•   精神的な支えを求める痛み
•   闘病の痛み

痛みを緩和する人間的な要因

当人ががんを受け入れており、家族や友人との繋がりが有り、がんに対する理解と知識が有り、良く睡眠を取り、鎮痛剤や精神安定剤などを服用している場合は痛みの緩和が可能です。

当人が上記と全く反対のコンデションの場合、痛みは軽減することは難しく、心理的な要因から痛みが増幅されます。
不眠や不安感情、疲労、などが有り、人との繋がり感が無い場合などです。

癌性疼痛は一つではない

がんを発病する事で起きる痛みの原因は、根本はがんですが、心理的アプローチ、知識として納得することで起こる納得と理解、積極的な痛み止めを受けること、など多くの痛みへのアプローチがあります。

がんの検査における痛み、治療に伴う副作用としての痛みなど、痛みを積極的に緩和していくことががん治療の一環です。

痛みを言葉で伝える必要性がある

痛みは主観で、第三者には言葉で伝えるしか手段がありません。
医師は痛みケアに勤めますが、患者として大切な生きる手段は「ことば」です。


•   医師に自分の感じていることや感覚を伝える、
•   自分の感覚に対する言語的な能力が必要
•   痛みの種類を的確に表現する
•   コミニュケ-ション能力を全力で開花させる必要性
•   自分の体と心をコントロールする意思を持つ

ひとこと
病だから、わかってくれるはずだ、やってくれるのが当たり前だ、と相手を自分の位置まで来るのを待つのを止めましょう。
言葉を使うことで、積極的に治療に参加するイニシエーションを持つことが出来るでしょう。

(photo by ///www.ashinari.com/2014/03/13-386901.php?category=15)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

セカンドオピニオンに関する記事

セカンドオピニオンの心構え

  セカンドオピニオンには必ず必要となってくる紹介状やカルテをもらう際の心...

がん宣告をされたら…セカンドオピニオンを考えよう!

  日本では2人に1人ががんになるといわれています。がんはそれほど身近な病気だ...


がんのセカンドオピニオン、どの医師にしてもらう?

  がんなどの疾患は、医師や病院によって治療の選択肢や方針が違うことがあります...

職場復帰は医師の意見も大切に!癌患者が仕事に復帰するためには

がん患者が職場復帰を果たすときには、周囲のサポートも利用しましょう。突然、1日8...

カラダノートひろば

セカンドオピニオンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る