カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. インスリン >
  6. 糖尿病になったら考えなければいけない「インスリン注射」ってどんなもの?

生活習慣病

糖尿病になったら考えなければいけない「インスリン注射」ってどんなもの?

 

糖尿病とは高血糖になる病気です。その血糖値をうまくコントロールして、下げる役目をするのが、インスリンというホルモンです。高血糖が続くと、網膜症や、腎臓疾患になったり、末梢神経にも影響が出て、足などの末端が壊疽する可能性があります。また、動脈硬化が起きやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症などを引き起こす恐れもあります。そのようなことにならないためにも糖尿病患者はインスリン注射で血糖値を下げることが必要なのです。

 

インスリン注射をし始めたら、一生打ち続けるの?

糖尿病は、

・1型糖尿病

…体内でインスリンを作る細胞が破壊されていて、絶対的にインスリン量が足りません。小児糖尿病といわれることもあります。

・2型糖尿病

…インスリン量が少なくなって起こる糖尿病です。普段の生活習慣が原因でなる場合が多く、日本の糖尿病患者の約95%以上がこのタイプになります。

・遺伝子異常またはほかの病気が原因となるもの

・妊娠糖尿病

の4つに分けることができます。中でも1型糖尿病の場合は、自力でインスリンを作ることができませんので、インスリン注射を一生続けることになります。そのほかの場合は、改善の見込みがありますので、血糖値が正常値を保持できるようになると、注射の回数や量、を減らすことができます。また、飲み薬での治療になることもあります。

 

インスリン注射って痛くない?

インスリン注射で使う針は専用のものになっていて、いつも私たちが目にする採血で使う注射針の1/3位の細さで、先端も特殊なカットになっており、痛みが少ないよう工夫されています。

 

インスリン治療を始めると毎月どれくらいかかる?

長いスパンで見なければいけないのがインスリン注射です。インスリンの種類や量にもよりますが、平均して月に1万円~1.5万円くらいになるようです。

また、糖尿病だと診断されたあとに保険に入る場合は、通常よりも高い金額を支払うことになったり、場合によっては保険へ入れないことがあります。

 

インスリン注射はとても大切な治療方法です。むやみに自分の判断でやめたりすると、悪化する恐れがありますので、医師の判断をきちんと聞き、治療をしていきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/29-362669.php?category=438])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

インスリンに関する記事

糖尿病治療薬の代表インスリン!インスリン注射の保管と使用上の注意について

糖尿病治療薬の代表ともいえるインスリンは自分で注射するということでも知られて...

インスリン療法が適応されるとき

  インスリン製剤は以下のような場合に使用されることが多いです。   ...


血糖値を下げる「インスリン治療」の副作用の症状と対処法とは?

    どんなに安全なお薬でも副作用はあります。かといって、お薬を使わないと...

内臓脂肪でインスリンが効かなくなる

 糖尿病はインスリンの血糖値降下作用が効かなくなる病気のことです。その原因の一つ...

カラダノートひろば

インスリンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る