カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 新しい糖尿病治療薬「GLP-1受容体作動薬」!いったいどんな薬?

生活習慣病

新しい糖尿病治療薬「GLP-1受容体作動薬」!いったいどんな薬?

 

糖尿病に使用する薬というと、まず出てくるのがインスリン製剤だと思います。糖尿病治療において、血糖値を適正範囲におさめてコントロールすることが一番の目的です。その点においてインスリンは効果が大きいですが、そのためにしばしば血糖値を下げ過ぎてしまうなどの事態も起こります。

 

近年、高血糖降下のある薬として新しく出てきた薬剤のひとつがGLP-1受容体作動薬です。

 

インクレチンってなんだ?

インクレチンというのは消化管ホルモンの名前で、その中の一つが、GLP-1です。

そもそも人が食べ物を食べると、小腸の細胞の一部が刺激され、消化管ホルモンが分泌されます。この消化管ホルモンの中には、膵臓のβ細胞を刺激する作用があり、それによってインスリンの分泌を増加させる働きをするものが多いのです。このインスリンの分泌を促進するホルモンを総称して「インクレチン」と言います。

GLP-1受容体作動薬は、インクレチンの中でも、GLP-1に着目して作られて糖尿病薬です。

 

分解されにくいGLP-1のお薬

上記のGLP-1というのは分泌されると、酵素によってすぐに分解されてしまい働かなくなってしまいます。これに対してGLP-1受容体作動薬は、酵素の分解を受けにくくした薬剤のため、長期間にわたって体の中で働くことができます

 

低血糖になりにくい!けれど…注意点も

GLP-1受容体作動薬は、膵臓のβ細胞にあるGLP-1受容体に結合してインスリンの分泌を促します。ただ、この作用が出るのが、血糖値が高いときだけなので、この薬単独の使用では低血糖が起こりにくいとされています。

ただし、経口血糖降下薬であるSU薬と併用すると、低血糖が起こる頻度が増すとされており、慎重な管理が必要です。またこの薬の服用によって胃腸障害や急性膵炎が起こる可能性も指摘されています。

 

GLP-1受容体作動薬はインスリンの分泌がまったくない1型糖尿病には使用できないという面もあります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/21-382292.php?category=172])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

HbA1c値を下げる糖尿病治療薬「ビクトーザ」とは

  糖尿病診断の重要な確認項目であるHbA1cの値は、血液内にあるヘモグロビン...

糖尿病治療薬ジャヌビアに『動脈硬化予防』はある?~DPP-4阻害薬の副次効果

新しいタイプの糖尿病治療薬である「DPP-4阻害薬」は、従来の糖尿病治療薬と比...


1型糖尿病と2型糖尿病では使う薬が違う!仕組みと治療薬の違いとは?~糖尿病の薬物療法~

糖尿病には大きく分けると1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病と2型糖...

食後に飲むことが多い薬…でも糖尿病の薬に多いのは食前に飲む薬!その理由とは?

飲み薬の袋に「食前に飲んでください」って書いてありませんか?多くの薬は食後に...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る