カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 注目の新薬、「DPP-4阻害薬」はどんな働きで血糖値を下げる?

生活習慣病

注目の新薬、「DPP-4阻害薬」はどんな働きで血糖値を下げる?

 

食べ物を口に入れ、それが消化されると、血糖値が上がります。その血糖値を上がりすぎないようにするために分泌されるのがインスリンです。このインスリンは食べ物を摂取したとき、小腸で分泌される消化管ホルモンが、膵臓に作用して分泌されます。

 

インクレチンに注目した新薬

上記のようにインスリンの分泌を促す、消化管ホルモンを総称してインクレチンと呼びます。このインクレチンの中にはGLP-1というホルモンがあり、近年このGLP-1の働きに注目した糖尿病の薬剤が出てきています。

 

GLP-1を不活性化するDPP-4

インスリンの分泌を促すGLP-1の働きは、血中のブドウ糖の量に依存しています。そのため血中ブドウ糖濃度が80mg/dL以下では作用しません。ですから低血糖が起こりにくく、その点でインスリン注射などよりも有効とされています。

そしてこのGLP-1は分泌されると、ある酵素によって速やかに分解され、不活性化されてしまいます。この酵素というのが、血中にあるDPP-4で、このDPP-4に着目した薬がDPP-4阻害薬です。

 

DPP-4阻害薬とは?

この薬は、経口で摂取する薬です。GLP-1を分解してしまうDPP-4の働きを妨げることによって、GLP-1が働きを失うのを防げるので、結果、血中のGLP-1の濃度が高くなります。これによって、インスリンの分泌が増強され、血糖値を下げられるのです。

DPP-4阻害薬は1日、1~2回の服用でよく、服用は食事の前後どちらでも影響がありません。さらに、血糖コントロールの改善に伴ってみられる、体重の増加のリスクが少ないことも利点です。

 

ただし、こんな点に注意が必要

この薬はインスリンの分泌を促すものですから、2型糖尿病にしか使用できません

また、高齢者や、腎機能低下、肝機能低下をしている場合には、投与をするのに十分な注意が必要です。

さらに、経口高血糖薬であるSU薬と併用すると低血糖を起こす場合があります。

 

DPP-4阻害薬は新しい薬です。そのため効果に期待するとともに、注意するべき点にはしっかり注意しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/02/28-376738.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

新しい糖尿病治療薬「GLP-1受容体作動薬」!いったいどんな薬?

  糖尿病に使用する薬というと、まず出てくるのがインスリン製剤だと思います。糖...

週一回の注射でOK?!従来薬リラグルチドと同効果『デュラグルチド』とは?

現在、糖尿病治療薬のひとつに『リラグルチド(商品名:ビクトーザ、毎日1回投与)...


糖尿病治療薬ジャヌビアに『動脈硬化予防』はある?~DPP-4阻害薬の副次効果

新しいタイプの糖尿病治療薬である「DPP-4阻害薬」は、従来の糖尿病治療薬と比...

新たな糖尿病治療薬『SGLT2阻害薬』☆処方に適しているケースと副作用について

2014年に新しいコンセプトの2型糖尿病治療薬(SGLT2阻害薬)が発売されま...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る