カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 豆知識 >
  6. サイレントキラー・高血圧になったら必要な食事療法…継続のため大雑把にでも気を使うべし!

生活習慣病

サイレントキラー・高血圧になったら必要な食事療法…継続のため大雑把にでも気を使うべし!

 

高血圧はサイレントキラーと呼ばれているのを知っているでしょうか。その名のとおり、気が付かないうちに静かに忍び寄っている病気なのです。健康診断や、人間ドックで高血圧と診断されたら、自覚症状がないから大丈夫だろうと思わずに、すぐに食生活を見直してみてください。

 

塩分を減らすポイントは「大雑把にでも控える」

高血圧になると塩分の摂取量を減らさなければなりません。理想的な塩分量は6~8g/日とされていますが、外食が多い人にとっては難しいものです。さすがに店員さんにこれは塩分量どれくらいですか?と聞くこともできないですよね。そんな場合は多少大雑把でもいいので、塩分を控える意識を持ってください。

たとえば、定食を食べるとします。基本ご飯と味噌汁、漬物が付いてくることが多いと思います。その中でも漬物はとても塩分濃度が高いです。また、味噌汁の味噌にも塩分が多く含まれています。中の具は食べても、汁は残したほうがよいでしょう。

これはラーメンなどの麺類にも言えることで、スープを残すだけで、相当な塩分を減らせます。

このように、しょっぱいものは控える努力をするだけで、塩分を控えることができます

 

薄味にはスダチやレモン!

塩分を減らすとどうしても味気なくなってしまいますよね。そんなときは「素材の味を生かして食事しています」というように頭を切り替えてみましょう。

ちょっとお高い料亭って味が薄めのイメージないでしょうか。焼き魚にスダチやレモンが付いていたりします。塩分を減らしてそれら柑橘系のものにすると薄味でもおいしく食べることができます。あとはしょうがや、お酢なども風味がありますのでオススメです。

 

宅配食を利用する方法もある

なかなか自分では塩分をコントロールするのが難しいという人には、宅配食がオススメです。高血圧の人向けに作られたものもありますので、自分で栄養分などを気にして調理することなく食事療法を進めることができます。

 

食事療法は一時ではなく、6ヶ月くらいは続けないと効果が出てきません。ストレスをためることがなく、自分に合った食事療法を実践しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/17-020476.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

豆知識に関する記事

ご飯は砂糖とほぼ同じ

 ご飯も炭水化物であり、砂糖とほぼ同じです。味が甘くないからといって、体内で糖質...

血糖値に関する特定保健用食品に利用されている成分まとめ

  近年の糖尿病の増加で、特定保健用食品でも「血糖値が気になる方に」とされ...


制限がいっぱい?食べられないものが多い?ありがち!?糖尿病食事療法への誤解

糖尿病の食事療法というと、どんなものを想像するでしょうか? 糖尿病は食事で...

血糖値を上げにくいだけじゃない!糖尿病に嬉しいオリゴ糖

  糖尿病患者さんにとって、糖質というとすぐに思い浮かぶのはブドウ糖ではないで...

カラダノートひろば

豆知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る