カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 経口薬の種類 >
  6. 血糖降下だけでなく、脂肪肝や肥満にも効く!昔からの糖尿病治療薬「BG薬(ビグアナイド薬)」って?

生活習慣病

血糖降下だけでなく、脂肪肝や肥満にも効く!昔からの糖尿病治療薬「BG薬(ビグアナイド薬)」って?

 

糖尿病の治療には、内服薬による薬物治療もあります。古くから使われている糖尿病の内服薬に、SU薬がありますが、それと同じく昔から使われているのが、ビグアナイド薬(BG薬)です。

 

糖尿病患者さんの肝臓の働き

BG薬は肝臓に働きかける薬です。肝臓は食間や、夜寝ている間に、絶えずブドウ糖を放出しています。この放出されたブドウ糖は、脳をはじめとしてあらゆる細胞がエネルギーとして利用し動いています。そしてこの放出するブドウ糖は「グリコーゲンの分解」と「糖新生」から作られます。

グリコーゲンというのは食べ物から摂取したブドウ糖を、肝臓に貯蓄するために姿を変えたもので、それを再びブドウ糖の形に戻して放出します。

一方「糖新生」というのはブドウ糖以外の物質(乳酸、脂肪、アミノ酸など)からつくったもので、新たに作り出されたブドウ糖です。この糖新生を過剰に作らないようにしているのがインスリンなのですが、糖尿病患者さんはインスリンの分泌に問題があるので、糖新生が過剰になりがちで、高血糖を引き起こします

 

そこでBG薬の働き!

BG薬は乳酸から糖新生を生成することを抑制して、新しくブドウ糖ができないようにします。それによって血糖値を下げることができます。

さらにインスリンの働きが悪くなる原因に肝臓に脂肪がたまりすぎた、脂肪肝があるのですが、BG薬はこの脂肪肝にも働く薬として注目されています。

さらに、食欲を抑える効果もあるとされていて、肥満を伴った糖尿病患者さんには価値のある薬と言えそうです。

 

BG薬は2種類

日本で使用されているBG薬は以下の2種類です。

ブホルミン塩酸塩:

腎機能障害がある方、肝機能障害がある方、高齢者の場合には定期的に検査をしながらの服用になります。

メトホルミン塩酸塩:

メトホルミン塩酸塩を製造している会社がいくつかありますので、種類がありますが、中には高齢者の場合使用が禁忌になっていたり、慎重な使用が求められています。

 

BG薬が処方されるのは、SU薬の効果が十分に得られない場合や、食欲抑制が求められる人に多いようです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/07-364855.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

経口薬の種類に関する記事

最も多く使われている糖尿病治療薬SU薬、これにはどんな種類があるの?

  糖尿病治療に使用する薬剤というと、注射によってインスリンを注入するものがま...

2型糖尿病の最初の治療「経口薬」…経口薬にはどんな種類がある?薬の効果とは

糖尿病は治らない病気ですが、治療によって血糖値を安定させなければ、血管などが...


経口血糖降下薬の種類と特徴②

  ・速効性インスリン分泌促進薬  (ファスティック、グルファスト、シュアポス...

膵臓細胞の保護・増殖の可能性を秘める『DPP-4阻害薬』...その安全性は?!

日本における2型糖尿病は、やせ型のインスリン分泌不全型が多くを占めると言われて...

カラダノートひろば

経口薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る