カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 新しい糖尿病治療薬DPP-4阻害薬、併用は危ない?長期服用のデータはない?気をつけるべき点

生活習慣病

新しい糖尿病治療薬DPP-4阻害薬、併用は危ない?長期服用のデータはない?気をつけるべき点

 

新しい糖尿病の内服治療薬として、DPP-4阻害薬という薬があります。新しい薬ということで、登場したときには慎重に使用されていましたが、新薬としては非常に高い伸び率で処方されるようになったことが話題になっているそうです。

 

DPP-4阻害薬とは?

食べ物が小腸に入ると、細胞が刺激され消化管ホルモンが分泌されます。この消化管ホルモンの一部は膵臓のβ細胞を刺激してインスリンの分泌を促します。このホルモンの中にGLP-1というホルモンがあるのですが、このホルモンは分泌された後から、血中のDPP-4という酵素に分解され不活性化されてしまいます。このDPP-4の働きを抑えるのがDPP-4阻害薬です。

 

低血糖の恐れの少ないDPP-4阻害薬、しかし注意点も

上記のGLP-1というホルモンは血糖値が高い場合に作用し、一定になったら作用をやめてしまいます。そのため、ただ単純に血糖を下げる作用の薬で起こる、血糖値の下がり過ぎ、つまり低血糖を起こす心配がありません。だからこそ注目されている薬剤と言えます。

ただし、他の薬剤を併用するとなると話は別です。実際、この薬が出た当初、最も多く使われるSU薬を服用している患者さんに対して、SU薬の効果が不十分ということで、DPP-4阻害薬を追加投与するケースがありました。すると、低血糖を引き起こす患者さんの報告がされるようになり、今は併用時には減量するようにと相互作用に注意喚起がなされています

 

長期間の使用データはない点に注意

糖尿病は一生付き合っていく病気です。そのため、長期間その薬を服用していけるかどうかが重要です。その点で言えばDPP-4阻害薬のような新しい薬は、長期間の服用における有用性や、それに伴って見られる副作用の可能性などがまだデータとしてありません。そのため、手放しで薬の効能に全幅の信頼を置くわけにはいきません。

 

とは言っても新しい薬への期待はあります。そうした期待を持ちつつも、医師、患者ともに、服薬中の状態には十分に気を配っていく必要があります。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/08/29-349545.php?category=393])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

糖尿病治療薬は飲み合わせに注意~こんな組み合わせは危険です

  食品に食べ合わせがあるように、糖尿病治療薬にも飲み合わせがあります。低...

服薬による低血糖を防ぐには~糖尿病の薬物治療

  糖尿病の薬物療法において、薬を飲むタイミングや飲み方は非常に重要です。...


経口血糖降下薬の副作用や注意点

     ・αグルコシダーゼ阻害薬 服用開始時に腹痛、腹部膨満感、便秘...

死の危険が高い乳酸アシドーシス!糖尿病治療薬BG薬を服用している人は注意!

  糖尿病の内服治療薬の中で、昔から使われている薬のひとつがビグアナイド薬(B...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る