カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 食材 >
  6. 料理に使う油にもこだわりたい!高血圧に効果のあるグレープシードオイルって?

生活習慣病

料理に使う油にもこだわりたい!高血圧に効果のあるグレープシードオイルって?

 

血圧はいろいろな要因によって上がってしまいます。そのため高血圧症と診断された場合には、生活習慣を見直すことが求められますが、中でも大きな要因になるのが食事です。塩分を控え、脂っこい食事を避けて肥満を解消するといった食事療法は、高血圧症の治療において非常に有効です。

 

料理の油にもこだわりたい!

食事療法というと、塩分の方に目が行きがちですが、調理に使う油にもこだわれるとよいです。油というとそのまま肥満につながるイメージがあり嫌煙しがちですが、実際には油にも種類があり、肥満を解消してくれる油もあります。その中でも近年注目されるようになってきたのは、「グレープシードオイル」という油です。普通の油よりも若干高めですが、健康に良いとされていいる油です。

 

グレープシードオイルってなに?

グレープシードオイルというのは白ワインをつくる副産物として得られるもので、その名前の通りブドウの種子を圧搾して生成して得られるものです。くせのないオイルですので、和食や洋食といった区別なく料理に使うことができます。

 

グレープシードオイルのこれが高血圧に効く!

強い抗酸化力:

グレープシードオイルにはオリーブオイルの2倍のビタミンEが含まれています。ビタミンEは抗酸化力に優れており、体内で発生する活性酸素を除去することができます。活性酸素はそのままにしておくと細胞を傷つけてしまうので、放っておくと動脈硬化や高血圧を悪化させてしまいます。

また、抗酸化物質のポリフェノールによって、悪性コレステロールの酸化をおさえ、血管の健康に貢献します。

リノール酸:

グレープシードオイルに含まれるリノール酸は血中コレステロールを下げる働きがあります。血中のコレステロールが多いと、血管に負担がかかり、心臓はより強く血液を押し出そうとしてしまいます。そのためコレステロールというのも高血圧の食事療法の中では重要な事項です。

 

油の中にはこのコレステロールを上げてしまうものもあります。同じように油を使うのであれば、当然体に良く働く油を選びたいですよね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/07-364855.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

毎日コップ一杯の牛乳&豆乳を!

牛乳や豆乳は栄養価の高い飲み物としておなじみですよね。毎日の食事に手軽に取り入れ...

タマネギを効果的に摂取し薬効成分でさらさら血液になろう!調理のポイント

  ■血圧が高くなる原因の一つは血液がドロドロになる事です。 この血液がドロド...


血液をさらさらに改善するキノコのキトサン!特に多く含まれおススメのキノコと摂取方法

  ■食物繊維豊富なキノコは、便通をよくし、身体の中をきれいにしてくれる食材で...

にんじんは動脈硬化を食い止める薬!その理由と簡単おススメの摂取方法

  ■にんじんは現代栄養学から見ても非常に優れた栄養食品であり、歴史的には食べ...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る