カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 食べ方 >
  6. 高血圧でも食事に加えたい…高塩分な加工食品との付き合い方とは?

生活習慣病

高血圧でも食事に加えたい…高塩分な加工食品との付き合い方とは?

 

高血圧の人が血圧を下げるためには、何と言っても減塩が効果的です。とは言え、もともと塩からいものが好きな人にとっては味気ない食事に感じられ、辛いと思うこともあるかもしれません。特にハムやベーコン、ちくわなどの加工食品は、旨みも多くおつまみにも合うものですが、非常に塩分が高く、できれば避けたいところではあります。しかし、全てをセーブしてしまうとストレスになりますし、かえって食べたい気持ちがふくらんでしまうこともあります。食事が楽しくなるよううまく調整していきたいものです。

 

 

◾︎塩分量を把握し食事全体で調整する

 

どうしても食べたい時は、塩分の量を細かく計算し、目標量を超えないように1回の食事全体で調整してみましょう。加工食品の成分表には、ナトリウムの量が記載されていることが多いでしょう。ここから塩分の量を算出することができます。400mgが食塩1gに相当します。加工食品を取り入れたら他のおかずは薄味にするなどの工夫をしましょう。

 

 

◾︎減塩タイプを使用する

 

最近では減塩タイプの加工食品も増えています。こちらもパッケージから塩分量を確認しつつ、普段のものから切り替えてみるのもよいでしょう。

 

 

◾︎塩の代わりに使用し、旨味も利用する

 

ペーコンやウインナーであれば、調理時に塩分を減らしてかわりにこれらを投入することで塩分量を調節してみましょう。ベーコンには旨みが多いので、物足りなさを感じさせないという利点もあります。

 

 

できれば控えたほうがいいですが、どうしても食べたいという時はこのような方法で対処していきましょう。加工食品は塩分だけでなくカロリーも高いことが多いので、そちらも気にかけるようにしながら、満足がいく食事になるよう工夫していきましょう。

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/08/25-381214.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ方に関する記事

にんにくパワーは高血圧にも効果的

古来から人々に愛される元気とスタミナの源、ニンニク! 思わず血圧が上がってしまい...

動脈硬化を予防するカムカムダイエット!おススメの理由と方法

  ■動脈硬化を予防するには厳しい運動療法や食事療法があります。ですがあまりに...


ベストな血液サラサラ効果食品3つ~セットで食べるのがコツです!

  ■人体が活動する上で潤滑油とも燃料とも言える重要な役割を持つ血液は、血管を...

実践してみよう!ベジタリアン型食生活は高血圧を改善するんです!

  ベジタリアンと聞くと何となく健康そうなイメージがある方も多いでしょう。 ...

カラダノートひろば

食べ方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る