カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. その他 >
  7. 高血圧にいいことづくめのもずく酢スープ!旬のもずくは、もずく酢を手作りするのもおススメ

生活習慣病

高血圧にいいことづくめのもずく酢スープ!旬のもずくは、もずく酢を手作りするのもおススメ

 

高血圧予防や、高血圧を進行させないために欠かせないのが毎日の食事です。暴飲暴食や塩分制限がある方は塩分の過剰摂取を避け、血管、そして心臓に負担のかからない食事が望まれます。

 

高血圧に「もずく酢スープ」

ここでは高血圧にいいことづくめのもずく酢を用いたスープをご紹介します。

 

もずく酢スープ(2人分)

もずく酢 1パック

水    400cc

顆粒だし 小さじ1

水溶き片栗粉 少量

おろししょうが 適量

 

1 水400ccを鍋に入れ沸騰させ、顆粒だしを入れます。

2 水溶き片栗粉を入れ、少しとろみをつけます。

3 2にもずく酢を汁ごと入れます。

4 味をみて、塩やしょうゆで調味します。

5 お椀によそい、おろししょうがをお好みの量乗せて完成です。

 

ちなみにもずくは春に旬を迎える食材です。そのため、市販のもずく酢を用いてもよいですが、加工がされていないもずくに、三杯酢(酢・みりん・醤油を同量ずつ混ぜたもの)を加えて自作してもよいでしょう。

 

もずくは高血圧に効く!

もずくのヌルヌルはフコダインというもので、これは血圧の上昇を抑制する作用があり、血圧が上がりすぎないように働いてくれます。

また、もずくには水溶性の食物繊維が豊富に含まれています。この食物繊維は腸の中にある悪玉コレステロールを体外に排泄するため、合併症予防にも効果的です。

さらにコレステロールを低下させる作用、血液が凝固するのを阻止する作用があるので、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を予防する効果が期待できます。

 

酢も高血圧に効く!

お酢の降圧効果も注目されています。お酢の主成分は酢酸ですが、これが細胞にとりこまれると、「アデノシン」という物質が出てきて、これが血管の壁に作用して血管が拡張するそうです。

 

もずくは低カロリーですから肥満対策にも効果的ですね。栄養も豊富ですから、高血圧の人は積極的に食生活に入れていきたい食材です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/08/30-381430.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る