カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 予防 >
  5. アルカリ性食品ダイエットってなに?食事の7割をアルカリ性にすると痛風予防になるってほんと?

生活習慣病

アルカリ性食品ダイエットってなに?食事の7割をアルカリ性にすると痛風予防になるってほんと?

 

痛風を発症する一番の原因は食事です。そしてそれに伴ってほとんどの方で見られるのが「肥満」です。そのため肥満体型の人は痛風になりやすいですし、逆に言えば肥満を解消することで痛風の予防に効果が期待できます。ここでは痛風予防に的を絞った肥満解消法をご紹介します。

 

アルカリ性食品ダイエットってなに?

日本ではあまり知られていませんが、アルカリ性食品でダイエットをする方法があります。そもそも食品にはアルカリ性食品と酸性食品があります。その分類の中で、食事の7割をアルカリ性食品にします。すると、肝臓や腎臓の負担が軽減し、腸の動きがよくなり、痩せやすくなります。

 

アルカリ性食品、酸性食品って?

そもそもアルカリ性食品や酸性食品に何があるのかが気になるところですよね。アルカリ性、酸性という分類は以下のようになります。

アルカリ性食品:

野菜全般・果物全般・海藻

酸性食品:

そら豆・えんどう豆・缶詰の果物、ブルーベリー・クランベリー

穀物・小麦粉製品・乳製品・肉・魚・貝類・甘味飲料・アルコール

大きく括ると野菜や果物がアルカリ性、それ以外が酸性と言ってもよいかもしれません。もちろん加工品などは加工される工程で、アルカリ性から酸性に代わることもありますし、調味料についても酸性のものが多かったり、細かい部分を言えばもっといろいろあります。ですがここではおおざっぱな分類だけですとこのようになります。

 

注意したいのは7割ということ

このダイエットで注意したいのは「アルカリ性:酸性=7:3」にするということです。酸性食品を全く食べないということではありません。何事も一方向に偏らずバランスを保つことが重要です。

 

肝心の痛風への影響は?

痛風の原因となる尿酸は、アルカリ性の尿には溶けやすくなります。尿酸が尿に溶けるということは、体外に排出される量が多くなるということです。その点で痛風予防に大いに役立つと言えるのです。

 

医学的に食品のアルカリ性や酸性というのは認められていない考え方のようです。しかし、そうした考えを抜いてもこの食事の方法は体に良い影響を与えそうです。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/08-019373.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

実は少ない!?ビールに含まれるプリン体よりも実は○○が多かった!?

   そもそも痛風は偏った食生活から発症する生活習慣病と分類されています。その...

痛風予防にコーヒー

  痛風を予防しようとすると食事制限や体重管理など、それ自体がストレスになりそ...


痛風に鍼灸治療と食事療法!

   痛風とは、プリン体の代謝異常によって血中の尿酸が過剰に増加して、尿酸...

意外な盲点かも!!尿酸値が高い人は、発作予防のために「市販薬」にも気をつけて!

  ビールを手に取るとき、「プリン体0」のビールを選んでいますか?普段から水分...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る