カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. がん性疼痛の症状にはどう対処したらいいのか?‐回りの人が出来ること ・サポート‐

ガン・悪性腫瘍

がん性疼痛の症状にはどう対処したらいいのか?‐回りの人が出来ること ・サポート‐

 

がん性疼痛とは聞きなれない言葉で、「がん」と言う言葉だけでも怯んでしまうかも知れません。
がん性疼痛とは何か、またどのように成るものなのかを考えてみましょう。
がん性疼痛はがんの検査・治療・手術の後・がんの進行を原因とする、心身のあらゆる痛みを指します。
がん性疼痛はどの時点でも経験しますが、がんの進行が末期になると大半の患者は多くの複合した痛みを経験します。



がん性疼痛の痛み(心身とも)


•がんの進行に伴う痛み
•がんの治療の痛み
•がんの検査の痛み
•衰弱による心身の痛み

がん性疼痛の特徴

がん性疼痛は、健常者の経験する痛みとは根本的に違うもので、がん細胞が転移し浸潤する痛みや、内臓を圧迫する痛み、放射線治療の痛みなどがあります。
がん性疼痛にはがんに伴う不安、恐怖、否定、不眠、うつ、孤独感、疎外感などの心的要因も相まって、がん性疼痛を複雑になることがあります。

がん性疼痛の緩和(薬剤を使って)

身体的な痛みは殆どの場合コントロールができます。良質な痛み管理を常時継続することによって、患者の満足感や毎日のクオリティを高めることができます。
心理的な問題の不安感や不眠には、抗うつ剤や精神安定剤、睡眠薬などを適切に医師に訴え、処方して対処できます。

がん性疼痛の緩和(心理的な側面から)

◇不安感情と恐怖感情と否定感情の仕組み


人間の心理は良く判らならない(情報が少ないもの)に不安を感じます。
     ↓
不安は、次に恐怖を想像させ、
     ↓
恐怖はそれらに関する全ての情報に否定、隠匿、排除、をしようとし、
     ↓
自分の認識に対し「自己」の被害者意識、孤独感、疎外感で理由をつけようとします。

がんに対し当人の理解と知識


当人ががんや、自分状態と状況を把握し理解しているかで、痛みのコントロールはかなり変化します。


人間の手の不思議さ

全ての患者にも言えるのでしょうが、他の人間の存在がとても大切なキーポイントに成ります。

大切な人が病で寝ていると、側の人は自然に手を握っています。
撫で摩り、手に対して語りかけます。
心身的な痛みには、他者の存在が大変重要になるでしょう。

(photo by ///www.ashinari.com/2010/05/07-036443.php?category=288)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

癌性疼痛に 麻薬!怖くないの危ないの?最後の手段?~がんの治療~

  がん末期にはモルヒネ、モルヒネが出てきたらもう後は無い、などの印象があ...

痛みの強さ別!末期がんの疼痛コントロール~各種鎮痛薬について

末期がんの治療で重要なのが、痛み(疼痛)のコントロールです。末期がんの疼痛コ...


「鼻副鼻腔がん」?腫れ、痛みや眼球突出・・・鼻のがんが生じやすい場所と起きやすい症状

鼻のがんは「鼻副鼻腔がん」といい、鼻と4種類の副鼻腔のいずれかにがんができる...

ガンの痛み緩和ケアにも使われるアロマテラピー どんな効果があるの?

  アロマテラピー(アロマセラピー)は昔からインド、エジプトなど世界の各地で行...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る