カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 癌性疼痛に 麻薬!怖くないの危ないの?最後の手段?~がんの治療~

ガン・悪性腫瘍

癌性疼痛に 麻薬!怖くないの危ないの?最後の手段?~がんの治療~

 

がん末期にはモルヒネ、モルヒネが出てきたらもう後は無い、などの印象がある「麻薬」という言葉のインパクト。
中毒になるのではないか、オーバードゥズでショックを起こすんじゃないか、とマスコミの「麻薬」「モルヒネ」に対する一般的なイメージで、拒否感を抱く人も多いと思います。



痛みコントロールはがん治療の一環


•  痛みの改善法
1.  鎮痛剤
2.  神経ブロック
3.  がんに対して切除や放射線治療をする
4.  痛む部分(筋肉)を温める
5.  心のケア

がんの痛みは我慢する必要が無い


通常の痛みと、がんの痛みは種類が違うもので、がんの痛みは我慢しても得になりません。
痛みのコントロールと治療は、患者と医師との話し合いの上で決められます。

モルヒネは中毒にならない

モルヒネと言う言葉自体で、思考停止になるかもしれませんが、医師の管理の上で処方される鎮痛剤の一つとして使用されます。

使用の要領と回数もキチンと管理され、安全で耐性が出ないように管理されます。

不安を感じたら情報を取る

麻薬が怖い、不安だ、わからない場合には、厚生労働省のホームページの「医薬品麻薬適応使用の管理とガイダンス」をご覧ください。(//www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/other/iryo_tekisei_guide.html)

麻薬乱用と医療使用は全く異なる

医師の診断下におけるがん疼痛管理は、がんの部位、期日、量、頻度、などの記録を残し、当人の痛みに対し、どのような効果が有ったのかをコントロールします。

痛みを的確に伝える必要性

痛みを伝える説明の伝わり方が大切なポイントになります。
どのように痛いのかは、検査では測定できず、感じている当人の言葉と説明が頼りです。
何時何所でどのように何がどのように痛いのか、痛みの種類は鈍痛が指すような電気ショックの痛みなのかなどの痛みの種類を説明する必要があります。



言葉を知らない赤ちゃんではない場合には、痛みを積極的に医師や周りの人に的確に言葉で伝え、痛みを積極的にとりましょう。


(photo by/ //www.ashinari.com/2009/02/02-013238.php)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

癌性疼痛の症状がでたらどうしよう?!‐自分で出来ること‐

  「がん」と言う一言で、何もかも思考停止状態になり、「がん」に関わる全て...

癌生疼痛以外にも辛い諸症状の対処法とは?~がんの緩和ケア~

がん患者さんの多くが経験する癌生疼痛ですが、痛みの他にもさまざま辛い症状が出...


癌生疼痛の痛みの症状を伝えるポイントは?痛みを評価するスケール

  がんになると、約8割ほどの人が痛みを感じると言われています。がんが恐れ...

疼痛コントロール!癌性疼痛における麻薬の使用その2

  先ほどの項で、痛みに応じて、鎮痛剤を使い分ける話を書きました。では、実...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る