カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. モルヒネを癌性疼痛に使う?!がん治療に使われる麻薬について

ガン・悪性腫瘍

モルヒネを癌性疼痛に使う?!がん治療に使われる麻薬について


「がん」と言う言葉に驚き、聞きなれない医学用語でショックをうけ、どうも麻薬を使う治療があるらしいと怖くなる…。
麻薬はどう考えても、一般的に良いイメージは無く、「がん」と「麻薬」でダブルパンチの印象を受けられる方も多いかと思います。

ここでは、癌性疼痛に使われる麻薬について詳しく見ていきましょう。



がんの治療には「麻薬」が使われるの?


昔は、がんの末期に痛みを極限まで我慢してモルヒネを投与しました。
医学と薬科学の発達に伴い、依存しないでも使えるようになりました。
麻薬成分の鎮痛剤は、使用される薬の一つです。


がんの痛みには、身体的な痛み、心理的な痛み、治療による痛み、検査による痛み、がんの進行による痛み、病気で衰弱する痛み、精神の拠り所を求める痛み等があります。
痛みと言えども、部分の痛みから、腹水が溜まって臓器に圧迫がかかる鈍痛など、原因と反応としての痛みは大きく違いが有ります。
痛みや苦痛に使われる薬は沢山あります。

麻薬は廃人に成るんじゃないの?

 

医療用麻薬にはモルヒネなどが有ります。
医師が処方し管理するので、モルヒネ漬けになることはないと言えるでしょう。
注射・飲み薬・座薬・張り薬・などの形状があり、飲み込めなくても大丈夫です。

がんの痛み管理はとても大切な「治療」


がんのあらゆる痛みのコントロールは治療のひとつです。
心身共に痛みにさらされると、心と思考が硬くなり、それが身体に及ぼす影響は大きく、痛みと不安や恐怖が相まって、痛みを複雑化する傾向があります。
骨などに転移したがん細胞は痛みの原因ともなりますから、痛みについては積極的に対処する必要があります。

 

 

ひとこと
一般の人々は、医療用麻薬を良く知らないようです。ましてや「がん性疼痛や麻薬」と言葉を聞いただけで、怖気づくような気持ちになります。
ほんの少しで良いですから、自分の力で知識と情報を得たいものです。
知ることによって、心は安定し、次のステージに立ち向かっていけます。
自分の尊厳の為にも、医師の言葉を理解する為にも、知ることを大切にしたいものですね。

 

(photo by ///www.ashinari.com/2013/07/11-380092.php)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

「鼻副鼻腔がん」?腫れ、痛みや眼球突出・・・鼻のがんが生じやすい場所と起きやすい症状

鼻のがんは「鼻副鼻腔がん」といい、鼻と4種類の副鼻腔のいずれかにがんができる...

「ズキズキ」「ビリビリ」原因によって異なる癌生疼痛の症状について

  がんによる痛みは多くの患者さんが抱えている悩みです。現在ではほとんどの...


癌生疼痛の痛みの症状を伝えるポイントは?痛みを評価するスケール

  がんになると、約8割ほどの人が痛みを感じると言われています。がんが恐れ...

身体的・社会的・精神的などの苦痛が影響しあっておこる‘癌生疼痛’

がんの患者さんのうち、痛みを訴える人は全体の約80%ほどだといわれています。...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る