カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 痛み >
  5. 気分や感情でも痛みは変化する?!‐癌性疼痛 のメカニズムとは-

ガン・悪性腫瘍

気分や感情でも痛みは変化する?!‐癌性疼痛 のメカニズムとは-

 

癌性疼痛とは、がんが原因で起きる痛みや苦しみを指します。
たぶん、一般的な生活では耳にすることが少ない言葉ですから、少し恐ろしく感じるかもしれません。

 


癌性疼痛とは

がんの検査、がんの治療、がんの手術、がんの進行、がんによって衰弱した体で持病が悪くなる、不安、不眠、など心身の痛みと苦しみを指します。

これらの痛みや苦しみは8割がたはコントロール出来るようです。

痛みのメカニズム

痛みとは、検査して数値では表せず、第三者は全く知ることができないものです。
痛みは主観で、医師などには明確に言葉で伝えなければ、判りません。
感じ方は様々で、感じている当人の気分や室温や季節で変化し、痛みを聞く側の対応に拠っても表現と痛みの大きさは変化します。

身体的な痛みと気分や感情の影響は

がんの初期から末期まで、多かれ少なかれあらゆる痛みを殆どの患者が経験します。その痛みは健康体の痛みとは根本的に違いが有り、がんにおいては痛みのコントロールは初期の段階から大切な治療の一環とされています。

がん性疼痛が有る場合、痛みは当人の意識と認知により大きく差が出ることがわかっています。

痛みをコントロール(鎮痛薬・抗不安薬・抗うつ薬)し、よく睡眠を取り、周りに信頼している人が居ること、人に相手にされ触れられ、現状における理解と知識がある場合、痛みは経軽減できるようです。

がん性疼痛の種類は


がん細胞が発生した部分は、少しづつ重たい感じ、飲み込めないふさがった感じ、など組織障害が現れます。(骨に転移、消化管の閉塞、神経に接触など)
内臓ががん細胞に転移され、腹膜に腹水が溜まり張った感じが有る、等があります。


•    侵害受容性疼痛
1.    内臓痛
2.    体性通


•    神経障害疼痛
どの部位にがん細胞が増殖しているかで、痛みは違い、それに対応する鎮痛薬は変わってきます。


(photo by ///www.ashinari.com/2012/04/18-361032.php?category=432)

著者: jeanさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痛みに関する記事

癌性疼痛の症状がでたらどうしよう?!‐自分で出来ること‐

  「がん」と言う一言で、何もかも思考停止状態になり、「がん」に関わる全て...

癌生疼痛以外にも辛い諸症状の対処法とは?~がんの緩和ケア~

がん患者さんの多くが経験する癌生疼痛ですが、痛みの他にもさまざま辛い症状が出...


癌生疼痛の痛みの症状を伝えるポイントは?痛みを評価するスケール

  がんになると、約8割ほどの人が痛みを感じると言われています。がんが恐れ...

疼痛コントロール!癌性疼痛における麻薬の使用その2

  先ほどの項で、痛みに応じて、鎮痛剤を使い分ける話を書きました。では、実...

カラダノートひろば

痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る