カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. 食事や吸い込まない事が大切!黄砂アレルギーを予防するために気を付けたいこと

アレルギー

食事や吸い込まない事が大切!黄砂アレルギーを予防するために気を付けたいこと


黄砂アレルギーが起こす様々な症状を防ぎ、花粉症やアトピー性皮膚炎などの悪化をぐためにも、この時期は特に注意が必要です。

  

黄砂に勝つための食事

春の食材はアクが強いことは知られていますよね。この春野菜の独特の苦み成分の「植物性アルカイド」で、デットックス効果があります。

 

代表的な食材としては、フキノトウ、タケノコ、ゼンマイ、ワラビなどこの時期にしか味わえない美味しい食材ですが、この「植物性アルカイド」はアレルギーを起こす場合もあるので控えめにしましょう。食べるときはアク抜きをしっかり行ってください。

 

また、トウガラシなどをたくさん使った辛い料理は、「カプサイシン」という成分が体の潤いを奪うので、黄砂のダメージで潤いがなくなっていると、余計に潤いがなくなってしまうので気を付けたい食材です。

 

黄砂を吸い込まないようにするために

黄砂の多い時期は外出を控えましょう。飛散時期が3月~5月で、4月が一番多いので、特に注意が必要です。

 

また、外出時は、花粉症対策と同じようにメガネやマスクを使用し、体内に入り込まないように気を付けましょう。黄砂は花粉より粒子が小さい為、花粉用のマスクよりウイルスを通さないものや超微粒子のウイルスの侵入を防ぐマスクを使用することをお勧めします。

 

家に入る時は、服についた花粉や黄砂を玄関の外で払ってから入るようにしましょう。また、外出先から帰った時は、すぐに手洗い、うがいを忘れずに行って下さい。気管支炎や喘息などの症状の悪化を防ぎます。

 

アトピー性皮膚炎の悪化を予防する 

黄砂の成分には「炭酸カルシウム」が多く含まれており、アルカリ性の性質を持っています。このアルカリ性物質はアトピー性皮膚炎には大敵で、悪化させてしまいます。

 

また、黄砂に付着しているダニやほこりなども皮膚炎の悪化に繋がります。アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐためには、黄砂の時期には肌の露出を少なくして肌に付着させないようにしましょう。

 

できるだけ吸い込まない、付着させない、部屋に持ち込まないように工夫することが、黄砂アレルギーを予防して、症状が悪化しないようにしましょう。 

 写真://www.ashinari.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

βグルカンでアレルギーの症状を緩和

キノコやパン酵母に含まれているβグルカンは、健康関連の医療研究のテーマとなるこ...

ルイボスティーは弱い『ステロイド剤』のような効果?!アレルギー疾患に有効『ルイボス』とは

近年、高い抗酸化作用によって様々な疾患の予防に繋がるとして話題となっている茶葉...


アレルギーを緩和する室温と湿度

アレルギーをいつでもどこでも起こしてしまうと大変です。例え症状が軽かったとしても...

アレルギー緩和作用がある2大茶

アレルギーの症状緩和にお茶を利用することも可能です。特にアレルギーに効果のある2...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る