カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 医療費 >
  4. 増税とかかわる問題!高齢者の自己負担額を知ろう

健康診断・健康管理

増税とかかわる問題!高齢者の自己負担額を知ろう

 

増税による生活の影響はさまざまですが、それにプラスして高齢者の医療費自己負担額など医療にかかわる費用の上昇もあります。

増税によって医療機関の消耗品等消費税のかかるものを買う時の医療機関の負担を軽減するため、もしくはこれからの高齢化社会を支えるために多方面から行われている施策によって高齢者が受ける影響を見てみます。

 

●医療費負担アップについて知ろう

高齢者の医療費自己負担の問題の中でも特に大きな問題は70-74歳の負担額が1割負担から2割負担になることです。

とはいっても、今70歳の人が71歳になった場合は医療費負担は原則的に1割のままです。

問題は2014年4月以降に70歳の誕生日を迎える方で、70歳になった翌月から2割負担となります。

69歳までは3割負担ですので、今までの負担割合から見ると3割負担→2割負担と少なくなり、負担感は少ないとの意見もあります。

 

●介護保険料と介護保険利用料自己負担額アップ

高齢者の中には介護サービスを利用している方もいれば、同時に介護保険料を払っている方もいるでしょう。

介護保険料と介護保険サービス利用の自己負担額はどちらもアップされました。

介護保険料は制度始まって以来の5000円超え、介護保険サービス利用料の自己負担額は食費・光熱費などを中心に上がっています。

 

●医療費にプラスして年間9万円の支出増

医療費、介護保険料、介護保険利用料のアップのほかに、普通に暮らしていくうえでの増税の影響もあります。

年間で1つの家計に対しての影響は約9万円と言われており、増税・医療費負担・介護保険料や介護サービス利用料の負担が重なり合って高齢者の家計を圧迫します。

 

2014年度からスタートした増税と医療費改革によって高齢者が影響を受けるところは70-74歳の2割負担、介護保険料、増税そのものです。

どれくらい介護サービスや医療行為を利用しているかによって全体的な支出は異なりますが、増税だけでも年間9万円程度の支出が出ると試算されています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/11/05-030172.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

医療費に関する記事

増税時代の医療費~薬代の自己負担も要チェック、費用はどうなる?

  2014年4月の消費増税と関連して医療報酬が改定され、医療費の自己負担...

増税時代に対応するために 医療費の節約方法とは?

  お金がないと医療を受けることができない、という問題はアメリカなどでよく叫ば...


医療費は非課税…それが医療業界を圧迫し、サービスにも影響する!?

  消費税が2014年4月から8%になりますが、医療費については最初から消費税...

消費税アップで医療費はどうなる?~先進医療の場合

  公的医療保険の適用範囲になっている医療行為は、非課税で受けられます。一...

カラダノートひろば

医療費の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る