カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. また耳鳴り?!この音は病気なのか?

気になる病気・症状

また耳鳴り?!この音は病気なのか?

 

とつぜんのピー・・・不快な耳鳴り。

音の種類や、原因もいろいろありますよね。

 

原因のひとつはストレスで、精神的につかれると耳鳴りがするという方もいます。

ストレスで耳鳴りを感じるしくみと、ストレス性の音を見ていきます。

 

●ストレス性の耳鳴りは、脳の過敏反応

ストレス性の耳鳴りで、耳にもともと問題があるというケースは少ないです。

どちらかというと、耳自体は正常なのに、脳の方で音を過敏に感じてしまい、耳鳴りがする方が多いです。

 

ストレスが多いと、脳の中では苦痛を感じるシステムがより敏感になって、小さな音も感じとります。

同時に、耳鳴り自体が気になってしょうがないといったような症状も出ます。

 

●ピーという高い音

ストレスからくる耳鳴りの音として、覚えておきたいひとつ目の音が『ピー』もしくは『キーン』です。

ひじょうに高い音で、頭の横から音が入ってきているような感覚と考えてください。

 

自律神経失調症の症状のひとつでもあるので、ストレスとはひじょうに関わりの強い音です。

 

●ザーという低い音

ストレスから起きる耳鳴りの、ふたつ目の音が『ザー』もしくは『ゴー』です。

水の中にいるような感じで、耳にやや圧迫感がある、トンネルの中を車でとおった時のような、こもった感じが特徴です。

 

こちらは低音性難聴とよばれており、20から30代の女性に多い難聴でもあります。

 

ストレスが原因で起きる耳鳴りには、ピーという高い音の耳鳴りと、ザーという低い音の耳鳴りがあります。

 

耳鳴りにプラスして、めまいやひどい頭痛がある場合、耳鳴りのせいで起きていられないというときは、重度のストレスか、別の耳の病気の可能性があります。

早めに病院へ行って治療を受けるようにしてください。

(Photo by: //pixabay.com/static/uploads/photo/2013/11/08/14/02/ear-207405_640.jpg?i )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

代謝改善剤やビタミン剤、筋弛緩剤など…耳鳴りの薬物治療の種類と効果とは

  耳鳴り治療では、原因に応じた薬物を投与するのが一般的です。薬物治療に用いら...

フットケアのついでに押せる!耳鳴りの2つのツボ "きょう陰"と"太谿(たいけい)"

  女性の場合は、美脚という言葉もあることから普段から足のケアをしている方も多...


耳鳴りの薬物療法 耳鳴り治療の薬に含まれる成分はどんなもの?

  耳鳴りの治療法は心理療法から耳に対する直接的な治療、腫瘍がある場合は腫瘍を...

ストレスからの耳鳴りを改善するには?運動で耳鳴り予防をする方法!

  耳鳴りの予防法には食べ物による予防、サプリメントによる予防、ツボマッサージ...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る