カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 5月病 >
  4. ちょっとした発想の転換が大切!自分の意識を変えて五月病に勝つ

メンタル

ちょっとした発想の転換が大切!自分の意識を変えて五月病に勝つ

 

 

 

五月病=適応障害とも言われています。円滑人間関係築くことで、対人関係でのトラブル防ぎ環境慣れ親しむことができるようになります。そうすることで、五月病の発病を阻止することができるのではないでしょうか。

 

 

(自分の意識を変える)

 

五月病で気分が沈みがちになっている時は、自然と愚痴嫌なことばかり思い出してしましますよね。ネガティブ思考になりがちな時こそ、逆にポジティブ思考に少し転換してみる、ちょっとした発想転換で、自分が思っている以上に気分が良くなって来るかもしれません。

何事も悪く受け取らないようにする事。「言いにくいことでも私のために言ってくれたんだ。」と切り替えることで、嫌な思いを引きずらず、前向きに考えることができるのではないでしょうか。言われていることを自分できちんと理解する事。そこで疑問に思ったことは、直接聞いてみるということも大切です。

 

(人間関係を良くする方法)

 

社会において人間関係は、必ずついて回ります。常に誰かと接触し日々を過ごしていますよね。その根本的な人間関係がうまくいかないと、社会生活はうまくいきません。なので、人間関係が上手く構築できれば、悩みストレス軽減されるという事です。まずは、苦手意識克服する事。嫌な人だと思った瞬間から相手を苦手と判断します。どんな人にもプラスマイナスがあります。嫌なところばかりを見るのではなく、良いところを探してみましょう。また、「ありがとう」や感謝の気持ち口に出して伝えること。ちょっとした事でも「ありがとう」の一言で相手や自分も気分が良くなります。

 

 

良い人間関係を構築する事でき、住みやすい環境を作る事にも繋がります。五月病にならないように、環境を整えることも必要です。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/04/23-388228.php?category=3

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

5月病に関する記事

私の症状は五月病?それともうつ病?過度なストレスが原因で起こる適応障害

      一般的に、5月のゴールデンウイーク明け頃から、症状が出始める「...

適応が上手くいかない状態が原因?6月病の特徴や症状について

最近聞かれるようになった6月病ですが、これはうつ症状と同じ手当てで改善できる...


五月病にならないためには考え方も大切!自分でできる予防方法

    五月病にならないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか。気を...

ストレスが原因?五月病かな、と思ったら 症状と対処法について

     日本では、年度末が三月ということもあり、4月から環境が変わるのか慣例...

カラダノートひろば

5月病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る