カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳鳴り >
  5. 耳鳴り治療に使われる漢方薬を見てみよう 自分にぴったりの漢方薬を飲んで、症状改善!

気になる病気・症状

耳鳴り治療に使われる漢方薬を見てみよう 自分にぴったりの漢方薬を飲んで、症状改善!

 

耳鳴りの治療に漢方を利用する場合、まずは漢方医の正確な診断を受けなければなりません。

漢方医は患者に対してオンリーワン処方をしてくれるので、自分にぴったりの漢方薬を飲んで、症状の改善が出来ます。

実際に耳鳴りに使われることの多い漢方薬を見ていきます。

 

●五苓散(ゴレイサン)

耳鳴りの原因は漢方では"水分のバランスにある"とされ、水分のバランスが整っていない状態を改善するのがこの五苓散です。

無駄な水分が溜まりがちでむくみやすい方に特にお勧めで、飲むことによって利尿作用で水分が体から出ていきます。

猪苓、茯苓、桂皮など5つの薬から出来ているの『五』苓散という名前が付けられています。

 

●苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)

五苓散と同じように苓桂朮甘湯も水分のバランスを整えて耳鳴りを改善しますが、五苓散に比べると苓桂朮甘湯の方がめまいや立ちくらみに強みがあります。

耳鳴りもひどいがめまいや立ちくらみにもひどく悩まされている場合には苓桂朮甘湯の方が合っている可能性が高いです。

桂皮、甘草などが入っており、冷え性や虚証の方にはとくに向いています。

 

●牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)

牛車腎気丸は水分の循環をよくするほか、足腰の冷えや皮膚のかゆみの改善のためにも用いられます。

もともと高血圧気味で尚且つ耳鳴りがする場合は漢方薬の中では牛車腎気丸が適しているタイプです。

高血圧の随伴症状(耳鳴り含む)の他に、糖尿病性末しょう神経障害への効果も見られます。

 

漢方で耳鳴りを治療する場合は、漢方的に見た耳鳴りの原因である水分バランスを整える五苓散や苓桂朮甘湯、苓桂味甘湯、柴胡桂枝乾姜湯、八味丸、炙甘草湯、香蘇散など多種多様な漢方が用いられます。

本人のもともとの体質や耳鳴りが随伴症状になっているかどうかによって使われる漢方は違いますので、漢方医の指導の下正しく使ってください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/04/16-360891.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳鳴りに関する記事

原因はイヤホン??耳へのダメージ

携帯電話、ゲーム、パソコン…気軽に音がきけて楽しいですよね!   しかし近年、...

子供の耳鳴り。原因は中耳炎?ストレス??

耳鳴りは、大人だけのものではありません。小さい子供でも感じることはあります! ...


耳鳴りの原因となるコワい脳の病気! 耳鳴りの原因に命に係わるような病気が潜んでいることも…!?

  一般的に耳鳴りというとそこまで心配するほどのことはないと思われがちです。 ...

肝の機能を整たり水分代謝を正常にする?漢方による耳鳴り治療の考え方

  耳鳴りの薬物治療では、漢方薬が処方されることもあります。漢方では東洋医...

カラダノートひろば

耳鳴りの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る