カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 血圧は冬場の方が高い!?気温により血圧が変動する仕組みと対策について

生活習慣病

血圧は冬場の方が高い!?気温により血圧が変動する仕組みと対策について

 

 

血圧は気温に左右されやすく、気温が低いと血圧が上がります。冬場は特に血圧が上がりやすく、冬場のみ高血圧の人もいるくらいです。今回は気温によって血圧が変動する仕組みと対策を紹介します。

 

 

血圧とは?

 

血圧とは心臓が血液を送り出す時に生じる圧力です。血管が緩んでいれば血圧は下がりますし、収縮していたり、血管が硬くなっていたりすると血圧は上がります。

 

 

気温によって血圧が変動する仕組み

 

気温が低いと血圧が上昇するのは、気温による体の自然な反応が原因です。体は気温が高いと体は筋肉や血管を緩ませ、熱を発散させます。気温が低いと筋肉に力を入れて筋肉を震わせ熱を発生させたり、血管を収縮させ熱を閉じ込めたりします。この気温が低い時に起こる気温の低い血管を収縮させ、熱を閉じ込める反応が血圧を上昇させる原因となります。

 

 

食事の変化

 

冬場になると食事において鍋やおでんなどの煮込み料理が増え、塩分を多くとる機会が多くなります。これが血圧を上昇させる1つの要因となっているようです。

 

 

冬場の血圧上昇対策

 

血圧は寝ていて夜であっても、おきる時や朝の起床時に高くなりやすいといわれます。理由は寝ている間は体温が低く、さらに外気温も低いため血管も収縮しているのですが、起きるという行動で急激に血圧が上昇してしまうからです。そのため、冬場夜に起きてトイレに行く時には必ず上着を羽織暖かくする・朝の起床時にはすぐに布団から出て動き出さず、必ず布団の中で体を動かし、寝転んだ状態で血圧を上げ服を着て暖かくした状態で布団から出ます。

お風呂に入る時も、体温が低い状態で暖かいお湯に触れるので危険性が高いです。お風呂用の暖房を使用するなどできるだけ気温差を出さないようにしてください。

 

 

このような理由で冬場は血圧が上昇します。上記のような対策を行って、冬場の急激な血圧の上昇を防いでください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2014/02/27-386450.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

高齢になるほどなりやすい高血圧!高齢者の高血圧の5つの特徴と予防法

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

    高齢になるほど、高血圧の人が増えてきます。ところがその一方で、高齢者の高血圧にはさまざまな特...

生活習慣に関する記事

こんな生活習慣をしている人は要注意!高血圧になりやすい生活

  生活習慣病である高血圧は、普段の生活習慣や食生活が大きく影響していると...

血管年齢を若返らせる習慣

  ■血管の状態がその人の寿命を決めると言っても良いぐらい、血管の疾患は命に直...


性行為での興奮状態が高血圧の誘因になる?

  日常生活の中で血圧が上がる瞬間というのはたくさんあります。その瞬間に血管が...

血圧を安定させるには副交感神経をアップする

高血圧になる原因は、加齢などの影響で血管が収縮し狭くなり、血圧を上げなければ末...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る