カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 検査項目 >
  4. 脂質代謝 >
  5. 中性脂肪 >
  6. 中性脂肪を減らす運動のコツとは?有酸素運動と無酸素運動の効果

健康診断・健康管理

中性脂肪を減らす運動のコツとは?有酸素運動と無酸素運動の効果

        

体に皮下脂肪や内蔵脂肪としてついてしまった中性脂肪はどのような運動をすれば効率的に減らせば良いのでしょうか?今回は効率的に脂肪を減らす運動を紹介します。

 

 

効果的な運動の種類

 

中性脂肪を減らすには、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることによって効果的に消費されます。どちらか片方だと効果が半減します。有酸素運動は簡単に言うとエネルギーを使う運動で、例としてはウォーキング、ランニング、サイクリングなどがあります。無酸素運動は簡単に言うと筋肉を育てる運動で、例としては筋トレが主となります。

 

 

中性脂肪は有酸素運動で燃える

 

有酸素運動は中性脂肪をエネルギーとして燃やします。エネルギー源にはいくつか種類があり、消費される順番が決まっています。まずグリコーゲンが消費され、その次に糖が消費され、最後に脂肪が消費されます。脂肪が消費され出すまでには個人差がありますが、運動開始20分後ぐらいからです。

 

 

無酸素運動は中性脂肪の燃やす量を増やす

 

無酸素運動は運動する時間が短いため、グリコーゲンを消費するだけで、直接脂肪を燃やす効果はありません。しかし、中性脂肪をエネルギーとして燃やす部位である筋肉を増やします。筋肉が少ないと時間当たりの燃やすエネルギー量が減ります。無酸素運動をして筋肉を増やすと有酸素運動でエネルギーを消費する部位が増えます。

 

 

おすすめの運動方法

 

有酸素運動では日常生活に取り入れられるウォーキングがおすすめです。通勤や買い物の際に1駅分歩く、少し遠いスーパーに行くなどで20分以上歩く時間が確保できます。

無酸素運動ではスクワットがおすすめです。スクワットは少ない回数で下半身やお腹の筋肉を鍛えることができます。1日に10回くらいでも効果があります。膝を痛める可能性があるため、膝をつま先より前に出さないようにしてスクワットを行ってください

 

 

忙しくて中々運動ができなくても、上記程度であれば行えるのではないでしょうか。効率よく運動を行って、中性脂肪を減らしましょう。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2014/01/29-385247.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

中性脂肪に関する記事

もしかすると中性脂肪?!中性脂肪の危険度セルフチェックシートで当てはまる方は注意!

  なんだかお腹がブヨブヨしている・・・気がつけば、毎晩晩酌をしている・・...

中性脂肪対策のために!食べ過ぎてはいけないもの

血液中に基準値を超えた中性脂肪があると、動脈硬化のリスクを高めてしまう原因と...


中性脂肪って普通の脂肪と何が違うの?正しい中性脂肪値は?

  CMでもおなじみの中性脂肪という言葉は、名前の通りに脂肪のひとつです。 です...

継続しないと意味がない!知っておくべき中性脂肪の予防対策とは?

    中性脂肪でお悩みの男性・女性は数多く存在するかと思います。 中性脂...

カラダノートひろば

中性脂肪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る