カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 炭水化物依存症 >
  5. 炭水化物が食べたい!人間の本能が炭水化物依存症の原因になっていた!?

メンタル

炭水化物が食べたい!人間の本能が炭水化物依存症の原因になっていた!?

 

炭水化物は元々人間の体に必要なもので、米や小麦など人間の食事の主食にも含まれています。炭水化物、タンパク質、脂質、各種ミネラルやビタミンをバランスよく摂取することが非常に重要です。

その一方で、炭水化物を食べたい欲求から逃れられない炭水化物依存症もあります。炭水化物依存症になると炭水化物を食べても食べても足りなくなるのですが、この炭水化物依存症が人間の本能から来ているのではないか、との考えもあります。

 

●人間は栄養を貯めこみたい体を持っている

人間の体は本来、栄養を貯めこんでより太ろうとするので脂質や炭水化物を求めています。

というのも、太っておくことは人間にとって命を守ることだったからです。

大昔は、いつ食事が摂れるかもわからない状態ですし、寒い地域では脂肪が寒さから内臓を守ってくれます。

食べられるときに食べられるだけ食べ、栄養を出来るだけ貯めこんで命を守ろうとするのが人間の本能です。

 

●依存症になる仕組みはまだ謎

人間が本能的に栄養を貯めこみたい、本能的に脂質や炭水化物を貯めこみたいことは大分わかってきていますが、そこから依存症になる具体的な仕組みはまだわかっていません。

依存症になるにはある種の炭水化物に反応する何らかの物質が出来ているとする仮説がアメリカでは提唱されています。

炭水化物が体内に入ることによって、何らかの物質が過剰に反応し、脳にもっと炭水化物を摂取するように命令している、脳の系統に影響している可能性があるということです。

 

炭水化物中毒・依存症の原因のひとつに人間の本能とのかかわりが示唆されています。

人間が『食べ物をもっと食べたい・太っておきたい』と感じるのは命の危機を回避するための本能ですが、そこに+して炭水化物摂取に反応する抗体があるのではないかという見方です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

炭水化物依存症に関する記事

炭水化物摂りすぎ!?炭水化物依存症の原因とは?炭水化物依存症を予防する方法7つ

何よりも白いご飯が大好き!毎回の食事でおかず少々に、ごはん3杯は食べられちゃう...

炭水化物依存症の原因~「炭水化物」はどんな食品に多い?糖質と主食について詳しくみよう

炭水化物依存症で問題になる「炭水化物」とは、そもそもどんなものなのでしょうか。...


炭水化物依存症治療に利用したい!主食代わりになる食品にはどんなものが?

炭水化物の摂取を減らす際、最も悩ましいのが「主食をどうするか」です。おかずと一...

炭水化物依存症はうつ状態との関係がある? うつと炭水化物依存症を結びつけるメカニズムとは

  依存症の多くは不安定な心と関係しています。ある特定のものに依存してしまう心理...

カラダノートひろば

炭水化物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る