カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 群発頭痛 >
  4. 対処・予防法 >
  5. 重度の頭痛を起こす群発頭痛は予防できるの?~頭痛に予防と穏和~

頭痛

重度の頭痛を起こす群発頭痛は予防できるの?~頭痛に予防と穏和~

 

群発頭痛の起こりやすい年代は2030代です。特に男性に起こりやすく、発症した場合働き盛りに酷い頭痛を抱えることになってしまいます。頭痛の発生メカニズムはわかっていませんが、対策を行えば頭痛の発生を少なくすることができます。今回は群発頭痛の頭痛発生予防と頭痛発生時の緩和方法を紹介します。

 

 

予防その1:アルコールを摂取しない

群発頭痛の発生期間はアルコールを摂取しないようにしてください。飲み会などお酒を避けられなさそうな場面でも、車で行く、風邪をひいていると申告するなどアルコールを避ける方法はいろいろあるでしょう。

 

 

予防その2:新鮮な空気を取り込む

新鮮な空気を取り込むことにより、頭痛発生を抑えることができます。定期的に窓を開け空気を入れ替える、入れ替える際には深呼吸するなどし、新鮮な空気を取り込むよう心がけてください

 

 

頭痛緩和その1:患部を冷やす

群発頭痛発生時には脳の視床下部の活性が見られるため、視床下部の活性が群発頭痛に関係しているのでは、と考えられています。頭痛が起こっている箇所を冷やし、活性を抑え痛みを和らげる効果があるとされています。

 

 

頭痛緩和その2:イミグラン注入

イミグランは医療機関で注射してもらえる群発頭痛の薬であり、即効性の効果が期待できます。イミグランを処方してくれる科は頭痛外来です。病院でも注射してくれますが、現在は自分で打つことができる注射キットがあるため、医師に処方してもらってください。頭痛が起きたときに自分でイミグランを注射できます。普段から対策薬として持っておくと便利です。また、保険も適用されます。

 

 

頭痛緩和その3:トリプタン系の鼻スプレー

イミグランと同様に医療機関で処方してもらえる群発頭痛の薬です。イミグランほど即効性の効果がないものの、持ち運びには便利です。普段から携帯しておきましょう。

 

 

頭痛緩和その4:酸素吸入

群発頭痛の予防に最も効果があるとされています。純酸素を20分吸入すると、頭痛の痛みが緩和されます。大量の純酸素が必要なため、病院において行われる方法となります。

 

 

 

以上が群発頭痛の予防と頭痛緩和の方法です。事前に対策をとれば酷い頭痛を防げますので、事前に対策と頭痛の起こった時の準備をしておいてください。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/07/01-364374.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処・予防法に関する記事

群発頭痛の痛みが出るときはどんな時?群発頭痛が起こるタイミングについて

    群発頭痛は20代後半~40代といった働き盛りの男性で起こることが多い...

群発頭痛の前兆を掴もう!自己注射をしなくてすむ方法

発作が起きると、頭痛の中では一番痛みが激しいと言われる群発頭痛ですが、発作が...


群発頭痛の人が特に気を付けたいポイント

  辛い群発頭痛持ちの方がこれ以上症状を悪化させないためにできる工夫やポイ...

ストレスを解消して群発頭痛を防ごう!~頭痛の予防と解消法~

  群発頭痛の頭痛が起こるメカニズムははっきりしていませんが、ストレスが原因で...

カラダノートひろば

対処・予防法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る