カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 食後に飲むことが多い薬…でも糖尿病の薬に多いのは食前に飲む薬!その理由とは?

生活習慣病

食後に飲むことが多い薬…でも糖尿病の薬に多いのは食前に飲む薬!その理由とは?

飲み薬の袋に「食前に飲んでください」って書いてありませんか?
多くの薬は食後に飲むことが多いのですが、糖尿病の薬の中には他のものとはちょっと違う飲み方をする薬があるんです。

・薬効が現れるまで時間がかかるから


これは他の薬にも言えることなのですが、薬は飲んでからすぐ効果が現れるわけではありません。


胃酸などで細かく分解され、腸などで吸収されて初めて効果が現れますので、薬が働き始めるまで一般的に1~2時間くらいかかるとされています。


錠剤って見た目からして溶けるのに時間がかかりそうですよね?


・食事によって血糖値が上昇するから


食事療法が糖尿病治療に有効な様に食事は糖尿病と密接な関係にあります


食べ物や飲み物を体に入れることで血糖値はあがりますが、食べ物も薬と同じように吸収に時間がかかります


しかし、食べ物は咀嚼によって細かく・吸収されやすくなりますから、薬よりも早く吸収されるのです。


ということは薬を食事と一緒にまたは、食事のあとに飲んでも効果がでるころには血糖値が上がってしまっているので、薬を飲んだ意味がなくなってしまいます。


以上の二つの理由から、食前に飲むことがよとされています。
食事より先に薬を飲んでおくことで血糖値が上がるところをピンポイントで抑えてくれるようになるんですね。


薬を開発した会社が研究を重ねた結果、一番薬の効果が出やすいように「食前に飲んでください」となっているんです。
皆さんしっかり守りましょうね。

・(Photo by //www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php)

 

著者: らんこさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

糖尿病の薬剤療法

糖尿病の薬剤療法1型の場合は、直ちにインスリン治療が始まりますが、2型の場合は、...

糖尿病は高血糖なのに低血糖発作が?!低血糖発作の仕組みと症状、対処方法について

糖尿病の低血糖発作という言葉を聞いたことがありませんか?糖尿病は高血糖の状態...


糖尿病治療薬ジャヌビアに『動脈硬化予防』はある?~DPP-4阻害薬の副次効果

新しいタイプの糖尿病治療薬である「DPP-4阻害薬」は、従来の糖尿病治療薬と比...

考えておきたい!被災したときに糖尿病の薬が飲めなくなったら?食事に対して薬はどうする?

糖尿病のために薬を飲んでいるという方は、その薬が手に入らなくなった時のことも...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る