カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 日射病・熱中症 >
  6. 重症になるとコワイ!子どもの熱中症の症状…その予防方法とは

育児・子供の病気

重症になるとコワイ!子どもの熱中症の症状…その予防方法とは

 

これから夏にかけて、海水浴や山などの避暑地に出掛ける機会が増えてくるでしょう。

 

そう言った外出時に気をつけたいのが、【熱中症】です。

 

健康な成人でも、熱中症を起こしてしまうととても辛い症状が出ますが、体がまだ未熟な乳幼児が熱中症になると症状が重くなりやすいので注意が必要です。

 

そんな子供の熱中症の症状や予防について考えてみましょう。

 

熱中症を起こすとどんな症状がみられるの?

熱中症の初期症状

・ 顔が赤くなる。

・ オシッコの量や回数が減る。

・ 元気がなくなり疲れている。

・ 機嫌が悪くなる。

・ 大量の汗をかく。

・ 唇が乾燥していたり、口の中の渇きを訴える。

 

これらの症状がある場合には熱中症が疑われるので、すぐに涼しい場所へ移動をし、水分補給をしながら医療機関へ受診をしましょう。

 

症状が重くなると起きる可能性が高い症状

・ 血圧低下による、めまいや失神。

・ 脱水が原因の頭痛やめまい、倦怠感など

・ 大量に汗をかき、体内の電解質のバランスを崩すことによって起こる筋肉の痙攣

・ 体温の異常上昇によって中枢神経がやられてしまい、意識がなくなったり朦朧となる。

 

以上のような重症な症状になると、生命に危険が及びます。

救急車を呼ぶなどをして、至急受診をしましょう。

 

では、熱中症を予防するのには、どんな方法があるのでしょうか

・ 日差しが強い場合は、必ず帽子をかぶる。

・ 風通しがよく、汗をよく吸い取る素材の衣類を着用する。

水分補給をこまめに行う経口補水液スポーツドリンクだと浸透率が良いでしょう。

気温が高い日には外での活動はなるべく控える。体調が優れない時は特に症状が出やすいので注意が必要です。

 

以上、熱中症で起こりうる症状と、その予防法についてお話しました。

熱中症は、保護者の方が気をつけてあげることで、防ぐことができるものです。

是非、対策をしっかりと講じて、これからの行楽シーズンを楽しんでもらいたいものです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/07/27-025435.php?category=53)

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日射病・熱中症に関する記事

子どもの熱中症予防をして暑い夏をのりこえましょう。

    熱中症になると、高温の場所にいると体温が上がって汗をかき、体の水分が...

気をつけたい「春の熱中症」…気候とは反対に上がる車内の温度…ママ、パパは気をつけて!

春になって天候がよくなってくると、家族でドライブなどお出かけをする方も多くいる...

日射病・熱中症の体験談

子どもの熱中症に気をつけていたら自分が…

息子にとって今年は初めての夏です。 そして暑い季節に絶対に気を付けなければならないのが熱中症です。...

熱中症にならないためのしていること・・

暑い毎日が続きますね・・・。 幼い娘を連れて外に出ることがなかなか大変です。 何より怖いのが、こ...

カラダノートひろば

日射病・熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る