カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 「保育園も幼稚園に行きたくない!」3、4歳児はなぜ拒否する?どうしよう?

育児・子供の病気

「保育園も幼稚園に行きたくない!」3、4歳児はなぜ拒否する?どうしよう?

年齢が上がるにつれて、保育園や幼稚園に通わせる家庭も増えてきますね。

 

本当に小さいときにお母さんと離れるのであれば、かんたんにできてしまうかもしれません。

 

しかし、ある程度年齢が上がり、自分の意思をはっきり出すようになると、だだをこねるようにもなります。

 

ママパパと離れたくない!

3歳くらいになると、こちらの言うこともだいぶ分かってきたのに伴って、本格的にしつけも始まります。

 

しかし、この親の態度に対して、子どもは自分が愛されていないような誤解をしてしまいます。

ママやパパに自分の方を向いてほしいがために、色々と行動にでます。

 

わざと困らせるようなことをしたり、駄々をこねてずっと自分のそばにいてもらおうともします。

その一つが、保育園や幼稚園に行くのを拒む行動です。

 

どんな気持ちで泣いている?

忙しくしているママやパパでは「3歳になったら、急に困らせることをするようになった」と思ってしまうかもしれません。

しかし、それは子どもを外から見たときに思うことであって、大人目線の子どものとらえ方です。

 

大事なのは子どもが見ている世界を考え、どんな気持ちで駄々をこねているのかを察してあげることです。

子どもが行動に表すのは、自分の不安を体現しているということです。

 

ですから、その不安に寄り添うようにしましょう。

親と離れてしまうことが不安なのか、環境の変化に不安を感じているのか、不安のもとを見つけてあげてください。

 

「だっこしてあげるからいいでしょ」はダメ!

子どもは不安な気持ちを打ち消すために「だっこだっこ」と求めたり、「いやいや」と駄々をこねたりします。

 

しかし、決してだっこをしてほしかったり、親御さんを困らせたいわけではありません。

行動の先にあるのは、やはり不安な気持ちです。

 

ですから、「だっこしたからもういいでしょ!」では、子どもの不安は解消されないのです。

「不安なんだよね、お仕事早く終わらせるからね」と心に寄り添ってあげる必要があります。

 

子どもの気持ちの共感してあげるというのが大切です。

 

もちろん一回のこうした対応で、不安のすべてが解消されるわけではなく、何度も繰り返す場合もあります。

そうした点で、長い目で子どもと接してあげましょう。

 (Photo by: 足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

プレ保育って何?どのくらいの費用がかかるの?

「プレ保育」という言葉を耳にしたことはありますか? これは、幼稚園の入園を...

できれば入園前に知っておきたい!ママパパが心得ておきたい保育園の「病気マナー」

 保育園に通うようになって、仕事をしているパパママは、子どもから離れる時間が確保...

保育園・幼稚園の体験談

働きたい。

ほぼ、ずっと専業主婦の私ですが。 子供も3人になり、働かなくてはならない状況になりそうで、働き方を...

保育園に預けていた時、苦労したこと。

息子は今では熱を出すことがなくなりましたが、身体がとっても弱かったです。 3か月でも4か月でも入院...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る