カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. 炭水化物依存症 >
  5. 炭水化物依存…特に糖質依存の禁断症状とは?イライラしたり、急に泣きたくなる…

メンタル

炭水化物依存…特に糖質依存の禁断症状とは?イライラしたり、急に泣きたくなる…

炭水化物依存の中でも特に問題と言われるのが糖質依存です。ご飯やパンに含まれる糖分はもちろん、甘いものにも含まれる糖質に依存する病気です。糖質依存の方はイライラすると甘いものが欲しくなるケースが多いようです。

 

●禁断症状はあるの?

依存症と言えばまず思いつくのは禁断症状です。麻薬の啓発ビデオなどを見るとわかりますが、この薬がないとだめだ、と手が震えたり幻覚が見えたりします。

 

炭水化物依存症、中でも糖質依存については禁断症状を体験した人も少なからずいます。炭水化物の量が少ないとイライラする、心が落ち着かず急に泣きたくなるといったような、精神的な禁断症状が多いようです。麻薬のように幻覚が見えたり幻聴が聞こえたりといった例はほとんど報告されていません。

 

●禁断症状に負けないことが大事

炭水化物依存を治療しようと思うと、炭水化物の量は今までに比べると格段に減ります。そこで禁断症状が出てくるわけですが、ここで禁断症状に負けて普段通りに炭水化物を摂取すると再び炭水化物依存症になってしまいます。

 

あらゆる依存症の治療に言えることですが禁断症状に負けずに治療することが非常に重要なポイントとなります。

 

炭水化物依存症、中でも糖質依存に関しては、精神的な禁断症状を体験したという方も多いです。イライラ感、不安感、落ち着かない感じなどを体験すると炭水化物を摂取したくなりますが、そこはグッと我慢が必要です。

 

自分だけで我慢が出来ない場合や、炭水化物依存症だけではなく摂食障害を発症している場合などはプロの力を借りてしっかりと食事療法に臨んだ方がよいでしょう。

 

また、精神病・心身症を併発するケースもあるので、その場合も炭水化物依存症のプロと精神科医などの協力のもとに治療した方がよいです。

(Photo by://pixabay.com/)

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

炭水化物依存症に関する記事

段階ごとにみる、炭水化物依存症の典型的症状とは?3段階!チェックしておこう!

炭水化物の症状は、段階的に進行していきます。軽度から重度まで、炭水化物依存症の...

炭水化物依存症は背後にある病気とは?うつ病・摂食障害と一緒に治療することが大切!

炭水化物依存症はそれ単体の病気として出てくることはまれです。炭水化物依存症はほ...


あなたは大丈夫?炭水化物依存症の中でも要注意!砂糖依存症とは?

穀類や芋類など炭水化物依存症の原因になる食品は、いろいろあります。特に依存性が...

炭水化物摂りすぎ!?炭水化物依存症の原因とは?炭水化物依存症を予防する方法7つ

何よりも白いご飯が大好き!毎回の食事でおかず少々に、ごはん3杯は食べられちゃう...

カラダノートひろば

炭水化物依存症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る