カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. 脳血管性認知症 >
  5. 症状 >
  6. 脳血管性認知症には4タイプある!4タイプの脳血管性認知症における経過

介護・認知症

脳血管性認知症には4タイプある!4タイプの脳血管性認知症における経過

 

身近な人が認知症になったとなれば、病気のことはもちろんですが介護や普段の生活のことなど心配も尽きませんよね。

そして、認知症がどんな経過をたどることになるのかが気になる方も多いと思います。

そこで、脳血管性認知症の4タイプにおける経過を見てみます。

 

●1.原因疾患治療で回復するタイプ

脳血管性認知症の経過の中でも特に良い経過をたどるのが『原因疾患治療で回復するタイプ』です。

脳血管性認知症は脳血管からの出血や脳梗塞などが原因ですので、これらの原因疾患を治療するのが基本です。

原因疾患の治療によって最終的に認知症の症状が軽快するタイプがこれに当たります。

 

●2.一定の状態を確保できるタイプ

血管障害の方を治療するのは1のタイプと同じですが、それによって認知症の症状に大きな軽快は見られません。

ただし、脳血管性認知症の進行度が遅くなり、より長い期間健常人と同じような生活、もしくは介護の度合いが少ない生活を送ることが出来ます。

 

●3.発作を繰り返し悪化するタイプ

脳血管の障害は一度だけで終わるとは限りません。血管障害が起きやすかったり、脳血管に悪い食生活などを続けていると発作(脳梗塞や脳出血)が再び起きることもあります。

発作が起きるたびに階段状に認知症の症状が悪化する経過をたどるタイプの脳血管性認知症も存在します。

 

●4.別の病気で悪化するタイプ

こちらは脳血管とは関係のない病気で脳血管性認知症が悪化するタイプです。

それに3が加わると悪化のスピードが速くなります。

 

脳血管性認知症のたどる経過は主に4タイプに分かれています。

どのタイプになるかによって、生命の危険度も異なりますし、生活における介護の必要度も異なります。

認知症で死亡することはありませんので認知症だから余命何年、ということはどのタイプにおいてもありません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/18-382204.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

脳血管性認知症になったらその後はどうなるの?症状の進行

    脳血管障害が起こった場合、後遺症として脳血管性認知症が発症するリスク...

アルツハイマーの次に多い認知症!脳血管性認知症を知ろう

  脳血管性認知症とはどんな病気? 脳血管障害(脳血管の病気)によって、...


脳血管性認知症で注意したい!思わぬトラブル!?

脳血管性認知症に伴って起こりやすいトラブルを集めました。     運動障害...

感情が抑えられない…脳血管性認知症

認知症の一つである脳血管性認知症について紹介します。 ・脳血管性認知症 ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る