カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 見逃されやすいため、注意が必要な子供のてんかん発作 「複雑部分発作」

育児

見逃されやすいため、注意が必要な子供のてんかん発作 「複雑部分発作」

 

てんかんと言うと、突然意識を失い倒れ泡を吹き全身がガタガタと痙攣を起こすといったイメージをお持ちの方がほとんどかと思われます。

そのような症状がみられるてんかん発作を、【全般発作】と呼びます。

 

全般発作は、誰からみても明らかなてんかん発作の為、てんかんがある事を見逃されることは少ないのですが、てんかんの種類によってはその発作の動きが、その子の「クセ」ではないかと見逃されてしまうような、発見されにくいてんかん発作の種類も存在します。

 

てんかんの発作は大きく分けて2種類に分類されます。

 

ひとつは上に書いたような【全般発作】で、もうひとつは【部分発作】という発作があります。

部分発作も、意識がしっかりと保たれている【単純部分発作】と意識レベルが下がる【複雑型部分発作】の二つに区別されます。

 

今回は意識レベルが下がる、【複雑型部分発作】の症状について書いてみたいと思います。

 

では、発作が起きた時にどういった症状が見られるのでしょうか。

• 急に動きが止まり、ボーッとする。

• 視線が合わない

• フラフラと歩き回る

• 呼びかけても返事をしない

• 会話が成立しない、つじつまが合わない。

• 口をもぐもぐ動かしたり、舌を鳴らす。

• 急に手をたたく

 

以上のような動きが発作として起きますが、発作を起こした本人には自覚がないことがほとんどです。

 

どのように診断をするのでしょうか?

診察中に発作が起こる事はあまりないので、脳波の検査や病歴調査から発作の種類を割り出します。

 

治療方法は?

抗てんかん薬での治療が中心となります。

薬物療法でも効果が現れず、発作を繰り返す場合は、外科的手術を行う場合もあります。

 

小児のてんかんは、その種類や程度によっては薬で発作を確実に抑えたり、成長と共に治る場合もあります。 お子さんがてんかんと診断された際には、どの種のてんかんなのかをしっかりと把握をして、適切な治療を受けさせてあげましょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2011/01/07-344597.php?category=51)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状に関する記事

ノロウイルスはどうやって感染するの?

  冬場になると毎年大流行するノロウイルス。なぜこんなに、ノロウイルスに感...

ガクガクブルブルは少ない?あまり知られていないてんかんの症状とは

  子どもに多い病気のひとつにてんかんがあります。 てんかんという病気は一般的に...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

病気と症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る