カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 日射病・熱中症 >
  6. 運動した後牛乳を飲むと熱中症になりにくい体になる!?熱中症と牛乳の意外な関係とは

育児・子供の病気

運動した後牛乳を飲むと熱中症になりにくい体になる!?熱中症と牛乳の意外な関係とは

 

春は気温が上がってくると共に、早めに熱中症の対策をとっておく必要があります。というのも、まだ気候が穏やかとはいえ、風通しの悪い場所などは一気に気温が上がってしまい、条件によっては熱中症の危険がぐっと上がるのです。 

 

熱中症に飲む飲み物というと、水分補給と共に塩分も補給できるスポーツドリンクが思い浮かぶと思います。

しかし、ここでは、子どももよく飲む牛乳で熱中症の予防ができるということを書いていきたいと思います。

 

牛乳が熱中症の予防になるの?

熱中症は、暑さによって体温調節の機能がおかしくなってしまうことで起こります。逆に言えば、その体温調節機能を正常に保つことができれば、熱中症を発症しにくいということが言えるのです。

この体温調節機能を上げるためには、血液量を増やす必要があるのですが、そこに牛乳が関係するのです。

 

 

牛乳が効く理由とは?

血液量を増やすのになぜ牛乳が関係するのでしょうか。これには牛乳に含まれるホエイたんぱく質が関係しており、運動をした後にこのたんぱく質を摂取すると、アルブミンという物質がつくられます。

アルブミンには水を血中に集める効果があり、その結果、循環する血液量が増えることにつながります。

 

 

運動した後に牛乳を摂取!

「早歩きくらいの負荷の運動を30分行った後、30分以内に300ミリリットルの牛乳を飲む」というのが効果のあった方法のようです。子どもの場合は遊んできた後やお散歩の後に牛乳を飲ませても良いですね。

もし牛乳が好きでないというならば、ヨーグルトやチーズといった乳製品でも、ある程度効果があるようです。

 

予防はしすぎるということはありません。牛乳で予防をするのもそうですし、帽子やこまめな水分補給も同時に十分に行っていかなければいけません。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/10/23-372031.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日射病・熱中症に関する記事

命に関わるリスクも!子供の熱射病には要注意 子どもが熱射病になったときの冷やし方

毎年暑い夏に報道される熱中症患者のニュースですが、熱中症はとりわけお年寄りは...

乳幼児の熱中症に注意して!親として気をつけるべき点とは?

暑い夏は大人にとっても大変ですが、小さい子供、とりわけ乳幼児にとっても過酷な環...

日射病・熱中症の体験談

子どもの熱中症に気をつけていたら自分が…

息子にとって今年は初めての夏です。 そして暑い季節に絶対に気を付けなければならないのが熱中症です。...

熱中症にならないためのしていること・・

暑い毎日が続きますね・・・。 幼い娘を連れて外に出ることがなかなか大変です。 何より怖いのが、こ...

カラダノートひろば

日射病・熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る